Bitdemonz

ザ・ウォーカーのBitdemonzのレビュー・感想・評価

ザ・ウォーカー(2010年製作の映画)
3.2
限りなくモノクロに近い色味のカッサカサに渇いたディストピアな未来で、神の啓示により一冊の本を然るべき場所へ届けるという目的でひたすら西を目指す男の話。

途中どっちに進んでるのかよく分からなくなったり(ちょっと戻ったり?)したが、まぁソレは良しとして、途中感じた違和感のタネ明かしがオチで説明されるが、だとしても…というモヤモヤが残る。

「イコライザー」の主人公が登場する続編と言われても違和感ない(ちょっと飛躍しすぎた)無敵っぷりが観てて気持ち良いので嫌いじゃないです。