トゥモロー・ワールドの作品情報・感想・評価

「トゥモロー・ワールド」に投稿された感想・評価

kaijp1

kaijp1の感想・評価

4.0
繁殖能力がなくなった近未来の人類。
10数年振に生まれた赤ちゃんをめぐる、政府と反政府組織との陰謀に巻き込まれていく主人公。
近未来系映画ではあるが、極端に未来感を出しておらず、あくまで現実的な世界観で描かれており、ヴィジュアルよりもストーリーを重視した重厚な内容でした。
ラストらへんの主人公が軍隊と、難民との抗争の中を駆け抜けるシーンが5分近く一本どりで撮影されており製作者側の底力的なものも感じれました!
技術すごい。

ジュリアン・ムーアのあっけなさから、人物の薄さは、いいぐあいでした。
kkkk

kkkkの感想・評価

3.8
キュアロン節がガツンガツンに味わえる一作。後のローマに繋がる雰囲気をたっぷり感じました。

ありそうな話で終始怖かったけど、最後は救われた。
長回しの臨場感。

信念と運命。
暗い暗い暗い!イギリスだなあ。。
電気羊

電気羊の感想・評価

1.0
子供は人類の宝つーのは分かるけどね。繁殖能力を失った人類と言う設定がどうも。いまどきIPS細胞やES細胞で受精卵(人工胚)を培養可能だろと思うと、全ての説得力に欠けて最後までつまらんかった。

このレビューはネタバレを含みます

子供が生まれなくなった未来。
テロと戦争を繰り返す荒廃しきった終末観は良かった。
よくある近未来ものと違って2027年という近い未来設定で、現実感もある。

ただ、奇跡的に妊娠した1人の女性を無事にヒューマンプロジェクトに届けるという話の流れなのだが、ヒューマンプロジェクトというのが何かもわからないし、政府の動向とか、反政府軍だとか、暴徒だとか、組織の目的と関係がよくわからなかった。

全体的に後味の悪い昔のホラー映画みたいでした。
何度かある長回しだけじゃなく、あるカットだけ宗教画の様な画面になったりと撮影がすごい。なぜか動物に好かれる主人公は何かのメタファーなのかな
hina

hinaの感想・評価

-
Car sceneのchoreographyについて
>|