イチロヲ

ドン・ファンのイチロヲのレビュー・感想・評価

ドン・ファン(1970年製作の映画)
4.2
女誑しの戯れ男ドン・ファンが、美しい貴族の娘を手籠めにしたいがために、その父を殺害してしまう。17世紀スペインの伝説を原典に、シュヴァンクマイエルが独特の奇想のもとに映像化した短編作品。

演者が被り物の中に入っている、等身大の人形劇スタイル。聞くところによると、シュヴァンクマイエルは映像作品を手掛ける以前は、このスタイルの舞台劇を担当していたらしい。

全体的に喜劇性に富んでおり、あらゆる演出が笑いのツボをストレートに抑えてくる。とくに、剣劇シーンのしつこさが完全に笑いのツボに入り、大変なことになった。

♪ぴろぴろぴろ~てーてててーてーてててー♪という愉快な音楽と小気味良いカットワークの相乗効果は相変わらずのもの。未曾有のトランス感覚にしっかりと酔いしれることができる。

音楽を手がけているのはZdenek Liska(ズデニェク・リシュカ)という人物。この音楽家のCDは、売っていそうで売っていない。録音状態の良い音源が残っていないとの話もチラホラ聞いたりして、至極残念。

※Filmarksに登録されているジャケット写真は誤植。