男はつらいよの作品情報・感想・評価

「男はつらいよ」に投稿された感想・評価

shinichiro

shinichiroの感想・評価

3.5
第一作目だけあってパンチ力あり。この頃の寅さんの勢い、ヤンチャ具合がやっぱり好きだなー。
酔っ払ったとこの演技?なんかは天才的。
こんなに面白いって知らなかった。

全部みます!
笑いのセンスが50年前とは思えない。
kadocks

kadocksの感想・評価

5.0
観たのは何年ぶりか。
あまりに素晴らしくて驚く。
映画のダイナミズム、リズム、役者、音楽、シナリオ、キャラクター、全てが完璧。
とにかく台詞のリズム感が途轍もなく凄い。
どれだけリハしたんだろう。
山田洋次というと、寅さんと幸福の黄色いハンカチの人、というイメージが大きくそれほど好きな監督ではなかったのだけど、大衆人情コメディという大枠に映画の全てを放り込んでいる。
本当に驚かされた。
これは山田洋次作品、観なければ。
人々は寅さんに対する親しみをこめた各々の呼び方を持っていて、それぞれの関係性は違っても、みんな調子がいいだけのやくざ者に笑わされたり泣かされたり、振り回されて、それでも最後には帰りを待つ。手のかかる子ほどかわいいイズムは保持し続けたら中年でも通用するんだな。
笠智衆のバターやばい。
zAwaWa

zAwaWaの感想・評価

3.8
スイカの名産地〜
最初は寅さんって自分の事しか見てないし人に手上げるしクラッシャーすぎるしひどい!って思ってたけど見終わったら「寅さん.......♡」ってなりました。下町人情やっぱり憧れるなあ

このレビューはネタバレを含みます

○福岡市総合図書館シネラにて一作目を再鑑賞。長きに渡るシリーズの一作目にてすでに完成形である。

○ドラマ版があったとは言え、かなりのキャラが登場するのに、それをストーリーの進捗と共に観客へ理解させる演出はさすが。

○要所のコメディ要素も外れがなく、また最後にはホロリとさせられる。

○特筆すべきは倍賞千恵子の登場シーン。近所の人の中に現れる際立つ美貌。本来ならロマンスのヒロインの登場のよう。その後の優しく、そして人情味ある実直なキャラ創造も素晴らしい。

○また魅力としては対極にある妖艶な表情も見せる光本幸子。その後もよく登場する寅さんには到底手が届かないお約束キャラ。

○本当に90分だったのかと鑑賞を終えて感じたのは言うまでもない。
デンロ

デンロの感想・評価

3.5
初めて鑑賞
無知な私は釣りバカそっくりやんと思ったが当たり前だった。山田洋次監督だった。
キャラクターを魅力的に見せるのがとてもうまく、どこか憎めない寅次郎を作り上げている
キャラクターを魅せるには欠点を如何にうまく見せるかというのを聞かされたのを思い出す
まさにお手本のような作品だ。
主人公登場→周りとの関係性説明→さっそく失敗逃げ出す→ヒロイン登場のこのこ帰還→また失敗から今度は結果オーライ→人情劇→浮かれた先に失恋→また旅へ
シンプルな設定で映画を1本撮ってしまうのだから凄いとしかいいようがない
倍賞千恵子さんが美しい
ひろし告白ばなし👨🏻‍⚕️
結婚式でパパのこときにする寅さん🐯
やさしさ🐯
>|