男はつらいよの作品情報・感想・評価

「男はつらいよ」に投稿された感想・評価

shinichiro

shinichiroの感想・評価

3.5
第一作目だけあってパンチ力あり。この頃の寅さんの勢い、ヤンチャ具合がやっぱり好きだなー。
酔っ払ったとこの演技?なんかは天才的。
初鑑賞は21歳の頃だったかな。
祖父のレーザーディスクのコレクションにあり、これがあの、老人に人気の寅さんか…と観てみたところ、
まあこれが面白い。ところどころ、古い言葉だからか訛っているからか、聞き取れない部分もあったが…(特に結婚式のシーン。)

品が悪い男だなあ、と思うものの、下町の人間に人気があるのはとても分かる。日本人として、一度は観るといい作品。
Toku

Tokuの感想・評価

3.5
寛容な社会
渡世人の寅次郎は頭が悪い。「馬鹿だねえ」と散々言われても「うるせえ」と開き直る。人に迷惑をかけ、面倒ごとを引き起こす。品も無ければ、気も短い。しかしみんなに愛される。それは浮世離れした自由な生き方と、時々見せる男気故。世間の荒波の中をあくせく働く人間に「貧しいねえ」と一言。
生活を成り立たせるために生きる人間と、日々の雑事を最低限に済まし、美しく豊かに生きようとする人間。俺のこれからの人生はどっちに傾いて行くのだろう。たまにふらっと家に帰らなくてもいいくらいの暇は欲しい!

「口笛は幼き頃の我が友よ 吹きたくなれば吹きて遊びき」
「信州信濃の新そばよりもあたしゃ貴方のそばがいい あなた100までわしゃ99まで 共にシラミのたかるまでときやがった」
劇中の好きな台詞。

あと、冬子の着物姿は凄く綺麗だけど、歯が汚くてあんまり好きじゃない。
HA

HAの感想・評価

3.6
-
-
3.6
1作目を見て驚くのは、
倍賞千恵子の美しさと可愛さだと思う✨
当時28歳ぐらい⁈参りました(笑)‼︎

もちろん寅さんはファンタジーです‼︎
今の日本のどこを探したって、
寅さんのような生き方を許される日本人は、
もういない…

日本人が無くした一番大切なものが
この映画に ある ‼️

哀しいシーンで涙を誘うのは簡単だと思う。
でも笑わせてジーンと涙を誘う、
これは凄いことじゃないか⁉️

さて《夜泣きそば》と言うぐらいで
“ラーメン”には夜が似合う。
しかも、独りが良く似合う 。
ラスト寅が失恋して💔旅に出る前に
駅の食堂で食べるのが“ラーメン”。

駅の食堂には、
人それぞれの色んなドラマが有る。
そんな中 寅は独りでラーメンをすすり、
帰る家も無く、待つ人も無く、長い旅に出る💫

《いつまでこんな生活を続けていくのか⁉️》
旅に出る前の腹ごしらえなのだが、
ラーメンを食べる背中が泣いている(泣)

僕も駅中にある《立ち食いそば屋》が好きで、
昔よく食べてました。
今は改築されオシャレになって、
食べる所も無くなった💦
1杯600円もするよーなラーメンは嫌だ!!

寅さんの食ってたラーメンこそ、
僕のラーメン 💯
台詞回しが好き
Hiraku

Hirakuの感想・評価

3.6
フーテン寅の20年ぶりの帰郷と、妹さくらの結婚話。寅さんの恋より、とらやの家族の話がメインかな。47作目で満男(さくらの息子)が結婚したことを考えると、寅さんは少しも変わっとらんなぁ(笑)
c

cの感想・評価

3.8
ドラマのようでした
>|