群青

歩いても 歩いてもの群青のレビュー・感想・評価

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)
4.2
個人的には是枝監督最高傑作だと思います。最高傑作というよりは単にめっちゃ好きなだけかもしれない。


ある家族の1日を淡々と追っていった話。

何が好きかって、家族あるあるがあまりにもありすぎてやばい…好き…となってしまうところ。

親が見せる見栄、再婚した奥さんと姑の確執。義理の孫にはパジャマを用意しない祖母。話す人が変われば話すことを変える親戚。どれも本当にあり得る話。
みんなそれぞれの立場があってそれは時と場所で変わる。その立場にあった自分を見せる。会話の中でストレートには言わないものの、自分の希望と相手の希望の折り合いの付け所を探す。その感じがいかにも家族という集団の中での根回しの仕方、という感じでゾッとする。
なんでこんな痛いところを的確に突いてくるんだろう。

しかしこの作品の肝は言うまでもなく樹木希林だ。
この家族にはすでに故人の人がいるのだが、その故人をめぐる樹木希林の壮絶なまでの執念が垣間見えるシーンがハイライト。ここだけでも是非是非観て欲しい。
それまでのほほんと、しかし片鱗は見えていた樹木希林の本音が出てくるあのシーンは本当に恐怖を感じる。しかもその相手が本当にどうしようもない、というか、監督ずるいなぁと思う人。なんで人生は。運命は。ここまで人々を翻弄するんだろう、と思う。樹木希林に共感してしまうのだ。それを思ったらおしまいよ、と思いつつも共感してしまう。その引力に脱帽してしまった。

名作です。