歩いても 歩いてもの作品情報・感想・評価・動画配信

歩いても 歩いても2007年製作の映画)

STILL WALKING

上映日:2008年06月28日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「歩いても 歩いても」に投稿された感想・評価

これぞ日本。
観る度に言葉にできない感情が溢れ出る。
不動のベストムービー。
いじみ

いじみの感想・評価

3.0
一日の出来事なんだな。
坦々と、そして各々の微妙な思いを描く感じ。
どこにでもあるな。
そして、よく映画にしたな。
yuka

yukaの感想・評価

3.7
うなーーーー。おばぁちゃん家思い出す…。元気にしてるかなぁ。お医者さんの家みたいにこんな立派じゃないけど。と思ってたら性格が全く違いすぎて感情移入は所々しかできなかった。それでも暗さが良かった。

夏の映画

映画とかで時々みる、ストローで飲み物ぶくぶくするやつ。子どもの頃に実際やると怒られて1回きりでやらなくなったけど。1人で家でやるならいいじゃんとこれを見て思い出したから。こっそり家でやろうと思う🕺

「何流でしたっけお母さん」
「いやねぇ、自己流よぉ」

ピアノの鍵盤の上に赤い布が乗ってないとかそんなことが気になる。

2人の思い出の曲って言われたら何なんだろう。
「ブルーライト横浜」!!
と思ったらこわかった。笑
でも少しわかる。

なんかまぁ。人生って感じ。

概念上の夏休みの祖父母の家。
ゆ

ゆの感想・評価

3.6
海に行くシーンが好きかな
リカコ

リカコの感想・評価

4.0
ある大きな事故の遺族の方が、いつか自分の命が尽きたときまた天国で会いたいと涙を流していた姿が離れない。
残されたものは命が尽きるそのときまで悲しみ苦しみを抱えて生きなければならない。

この映画に出てくる母よし子も、一見淡々と穏やかにその後の人生を歩んでいるようで、どんな言動にも失った息子への想いが溢れ出ていてつらかった。気持ちだけは成仏しない。できない。

死との折り合い、傷の深さ、行き場のない憎悪、それぞれがそれぞれの向き合い方で整理する以外にない。そして命が尽きて、また残された者は忘れぬように生きていく。

でも私は、終盤で良多が言ったような「間に合わない」生き方は嫌だな。大切な人には大切だって毎日示して生きていたい。

しんどくて煩わしくて暑苦しい。時に家族に対してそんな風に思えてしまう自分に嫌気がさすけど、それが家族で、それでいいよなぁって、この映画でちょっと安心した。
nana

nanaの感想・評価

4.0
おばあちゃんが揚げる天ぷら。
忘れ物をしたら「忘れてるよ!」って
電話をくれるおばあちゃん。
嫁姑のぎくしゃくした感じ。
そっくりな父と息子。
帰省すると感じる、親の老い。

わかる〜!って共感しながらゆっくり進んで、なんだか落ち着いた。ばあちゃんの手料理が食べたくなっちゃった。
ユメミ

ユメミの感想・評価

3.5
ああいう親戚の集まり、子供ながらにめちゃくちゃ気をつかってたから見てて胃が痛かった
minmin

minminの感想・評価

3.7
是枝監督は家族の微妙な距離感を描くのが上手いな
とうもろこしの天ぷら食べてみたい
8823

8823の感想・評価

3.3
とにかくご飯が美味しそう。トウモロコシのかき揚げとか枝豆とか。親戚との距離感とか、嫌いじゃないんだけど価値観の違いやすれ違いで疲れる感じとか、とてもよく分かる。血の繋がった家族でもわかり合えないし離れて暮らす時間が長いと尚更。世代間の差もあるし。亡くなった長男への想いも家族皆でバラバラなのもそうだよなあ…
「いつもちょっと間に合わないんだよな」って台詞がなんかちょっと心に残った。夏×是枝さんは暑苦しすぎず夏の夕暮れくらいの温度感でとても好き。
しべ

しべの感想・評価

-
ドラマチックな出来事は少ないけれど、登場人物の心の機敏が丁寧に捉えられていてお腹いっぱいになった。
輪の中にいたい、排除されたくないという思いが通底する領域が「家族」なのかもしれない。
>|