歩いても 歩いてもの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

歩いても 歩いても2007年製作の映画)

STILL WALKING

上映日:2008年06月28日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「歩いても 歩いても」に投稿された感想・評価

oyama

oyamaの感想・評価

4.0
見事だなぁ。
ああ、これは母だ。
ああ、これは父だ。
演じる樹木希林と原田芳雄の背中に、いつの間にか自分の母や父の背中を重ね合わせてしまう。
そういう描写が、見事だった。

年代の違う母と息子が坂を下っていくシーン、グッときた。
Carameltea

Caramelteaの感想・評価

3.5
前にも観たけどもう一度📺
是枝さんの作品の中でかなり好きかも
希林さんやっぱり凄い
明るいし切ないし💦
YOUも良い感じ✨夏川結衣さんも
是枝さんの作品の女優さんいつも素敵です✨
家族の間の言葉にならない独特の空気感が、音に乗せられているのが素敵。
天ぷらのジュワ〜とかゲーム機のピコピコとか蟬のミンミンとか。
nanako

nanakoの感想・評価

4.7
素晴らしいの一言。

完全にのめり込んであの家で飼われてる飼犬のような気持ちで見ていました。

どうかみんなが少しずつ幸せであってほしいと。
人間の模様を綺麗事なく、とてもよく描写されていました。
余白が素晴らしいです。

懐かしさと暑苦しさ。
もういいよと言いたくなる空気感なのにまたどこか欲しくなってしまう。

子宮にくるまれているような、どこか表現し難い温かさに包まれた映画でした。
ひろ

ひろの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

いや〜、実際家族ってこんな空気だよね・・
人間描写が素晴らしく、どの場面もメチャメチャ自然で、もう実家集合あるある三昧。

絶妙に全員が何か言いたげで、でも家族だから余計に言えない・・
この雰囲気の中で、帰るの正直イヤだよねぇ。

奥さんからすれば、YOUのような人が本当に勘弁なんだよ、きっと。
姑と小姑が奥さんの前で仲良くするのは、奥さんからすると嫌味にしか感じない・・ですよね。

ただ、孝行しようとした時には親がいないなんてのもよく聞く話で、とても考えさせられます。

親になり、親の大変さとありがたみを改めて感じる中で、樹木希林、原田芳雄に両親の事を重ねて、ふと涙しました。
橋本

橋本の感想・評価

-
愛情はあるものの、微妙にすれ違い、かっちりとは噛み合わない「家族」のリアリティ。決して明るくはなく、閉鎖的で、極めて日本的な情景ですが、とても愛情深く撮られており、その庶民的で、日本的な人間関係が美しく思える、素晴らしい映画でした。
現代版「東京物語」のような印象を持ちましたが、当時、社会的に復興の最中にあった「東京物語」が、噛み合わない家族を否定的に撮られていたのに対し、今後、社会的に衰退していくであろう現代に、本作では美しく撮られているというのが、なんとも皮肉。。
食事がどれも美味しそうだったのと、ゴンチチの音楽が心地よかった。
taka

takaの感想・評価

3.0
そうそう、親戚の集まりってこんな感じだよなぁ…
なんでこんなに気まずいのぉ。なんでそんな爆弾発言しちゃうのぉぉ。ひやひやするよぉぉぉぉぉ。
誰のせいなんあれ
同監督作の「真実」や「万引き家族」を先に観ていたため、
映画的に、少し物足りなさを感じてしまってモヤモヤ。
掴みどころというか、核心というか、話の肝というか。
あまりにも日常風景すぎて見所を見出せない感じがした。
映画らしい山場というか盛り上がりに欠ける。

それでいて、家族ならではの微妙な不協和音というか、
妙な心地悪さが見事に表現されているので、余計にモヤモヤ。
最後の心のすれ違いなど、スッキリしない映画でした。

YOUの微妙な役柄がハマってたとこだけが個人的なツボでした。
優しいと見せかけてこわい
希林さんが亡くなってから観ると
あらためて存在感
観た方がいいよ