歩いても 歩いてもの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

歩いても 歩いても2007年製作の映画)

STILL WALKING

上映日:2008年06月28日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「歩いても 歩いても」に投稿された感想・評価

Keiko

Keikoの感想・評価

3.5
日常。見ているうちに自分と重ねていた。
ふぃる

ふぃるの感想・評価

3.0
家族は2人の他人から始まる。子供は親2人と血が繋がってるけど、大きくなって結婚したら、またそこに新しい他人が加わって、そうやって増えていくもの。そこを軸に、生きてるだけで、色々ある。色んな感情を抱えて、みんな生きてる。死んでしまった人だって、生きてる人の心の中では、ちゃんと生きてる。
原田芳雄さんの、「この家は俺が建てたんだ、なのになんでおばあちゃん家なんだ」みたいなセリフ、うちも「おばあちゃん家行くよー」とか言ってるなぁと思ってちょっと笑った。
何回観ても飽きないのは、普遍的ということなのだろうか。すみずみ好き。
Leyla

Leylaの感想・評価

3.8
親子の心の機微を徹底したリアリズムで描いている。久々に里帰りした時の嫁の居心地の悪さ、親子関係の面倒さなどが手に取るようにわかる。
どこにでもよくある些細なシチュエーションなのに、丁寧に練り上げられた脚本と演出によって特別な作品へと昇華している。ちょっと小津さん的。
RIKA

RIKAの感想・評価

3.5
切なく優しいお話し。

希林さんが料理するカットが良かったなぁ。
mzk

mzkの感想・評価

-
〈再〉樹木希林は亡くなったのだろうか。いないことが受け入れられないというよりも、あまりにも生々しい演技に脱帽。キュートで、ユーモラスで、怖かった。つまり、人間らしいのだ。
是枝裕和のきめ細やかな演出は言わずもがな。入れ歯と歯磨き、風呂場の手すり、息がぴったりな母娘の会話。枚挙に暇がない。食事のシーンはどれもいい。団らんのシーンは楽しそうだが、居心地は最悪だ。既視感を覚える。夏川結衣の演技が絶妙で、表情の微細な歪みで見事に見せる。すごい。
この作品は背中で語らせる。パジャマのくだりはもちろん、誰もが畏怖する、とし子(樹木希林)の臓腑に溜まる怨念とも苦しみとも言える感情も背中で見せる。素晴らしい。
げろ

げろの感想・評価

4.3
いい映画やった

なんでじーんとして
ちょっと涙が出るんやろ

見たことある光景
覚えのある感覚

まとまらん…
いっぱい言いたいことが出てくるのに。

また編集しよ。
樹木希林と原田芳雄の演技が圧巻すぎて。いる、いる。ある、ある。この空気感。徐々に明らかになってくる人間関係と過去。基本的に善人である人々がふとした拍子に見せる毒。ヒリヒリするような、でもそれでいて愛も感じる家族が描かれていた