歩いても 歩いてもの作品情報・感想・評価・動画配信

歩いても 歩いても2007年製作の映画)

STILL WALKING

上映日:2008年06月28日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「歩いても 歩いても」に投稿された感想・評価

帰省あるあるを詰め込んだ展開になつかしさを覚えるのだが、油断しているとしれっと苦い毒も味わせられる。
樹木希林の言動はもはやホラーだ。
原田芳雄がたまにしゃべる敬語が好き。
会話がおもしろいのがすばらしい。
butasu

butasuの感想・評価

4.0
怖い。家族、人間関係とはこのような気遣いと欺瞞に満ちたものである。しかしそれは大袈裟なことではなく多かれ少なかれどこの家でもある普通のことで、とりたてて注目すべきことではない。だからこそ、そこをあまりにドライに淡々と描いてみせた本作の怖さが際立つ。映画を観たというより、一つの家族を覗き見てしまったような感覚を味わえる。

この映画では基本何も起こらない。ただ実家に1泊帰省した様子を描いただけの映画である。にも関わらず登場人物の全てがリアルで、家族団欒状態にも関わらず、常に張り詰めた緊張感がありとても居心地が悪い。しかもこの家族、特に両親は"長男の死"に酷く囚われており、なんてことない日常会話の節々にその"死"の影が顔を出す。

言うまでもないことだが、とにかくこの怖さは圧倒的な樹木希林の存在感によるもの。彼女が発する一見害のなさそうな底知れない怖さは圧巻。息子が命を賭して救った男性に毎年の訪問を強いる怖さも勿論ながら、子持ちで結婚した嫁に対するあの怖さ。実の息子の分しかパジャマを買っておかない、など、とんでもなくリアルな描写に身震いがする。あちらこちらに挿入される細かい演出やメタファーも素晴らしい。

ラストはハッピーエンドのように締められていたが、自分にはそれまでの恐怖が凄すぎて全然響かなかった。石段を上る両親のシーンで終わってくれた方が余韻があったように思う。「次は正月か」という両親と「今回来たし正月はいいか」という息子夫婦。このぞくっとするシーンで終わらせても良かったのに。
MASAYA

MASAYAの感想・評価

3.9
人生は、いつも少しだけ間に合わない。
5年おきくらいに見返したい映画。
ささみ

ささみの感想・評価

4.0
おばあちゃんを演じる人で樹木希林さんの右に出るものはいない
内容も台詞も動きも全てリアリティのある映画だった
kiki

kikiの感想・評価

3.8
家族の絆は固いようで、実際そうでもなくて、でもやっぱりしっかりと繋がってる。
遠慮とか確実とか厄介とか…毒が効いてるけど、それだけじゃない絶妙さ
描写がほんとに繊細!!
Linda

Lindaの感想・評価

4.0
アマプラでは7/7に配信が終了します!
気になっている方はお早めに!

樹木希林さんのお母さん役が凄い良い役で、来年も再来年も来てねの本当の意味を語るシーンがなかなか味が出てました。後、主人公の奥さんの疲れた顔とか。表上の顔は、社交辞令で良く口も回るけれど、相手に言われた言葉が何処かで引っかかってて引きずっている感がなかなかその人らしさが出てるなと。
お父さんの考え方には、映画を見ている自分も口をあんぐりしてしまいましたが、まぁ分からなくもない。色々と悔しいだろうし、悔しい事はこれまで何とかなってきたけど、歳を取るとそうも行かない。頭に残って、愚痴にしかならないという寂しさが垣間見えました。

あと、阿部寛の役をみて、
あぁ、こういう男性よくいるよね
って思った。
eri

eriの感想・評価

4.3
我が家の帰省の光景とまるっきり同じで、あまりにリアルな映画。そしてただの日常の中で色んな展開を詰め込める監督の手腕すごすぎる…。役者の力なしでもこれだけ面白くできないだろうし。良いものを見た〜。
ニック

ニックの感想・評価

3.9
「結婚できない男」が大好きなので、阿部寛と夏川結衣が出ているという時点でテンション上がりました!

いやーでもこの作品ではお盆の実家での親戚の集まりの雰囲気がとてもリアルに描かれてますね。
自分の家族も親戚とは少し距離がある感じなので、個人的にあの家族に感情移入しちゃいました。(実家から帰るバスの中で気が抜けるところとか。)
親戚で話すときのちょっと気まずい感じとか、観ていて少し嫌になりました。笑
そういうリアルな演出が是枝監督は本当にうまいなと感じました。

そして樹木希林さんが演じているお婆ちゃんが怖かった。
長男に助けられた人を毎年家に招いて(あのシーンは見てられなかった...)、わざと気まずい思いをさせたりとか、夏川さん演じる奥さんへの態度とか...

作品のメッセージ性とかよりも、そういうイヤーな感じが強く印象に残っていて、自分にとっては恐怖映画でした。笑
song

songの感想・評価

3.5
歩いても歩いても終わりの見えない悲しみ。
kouki

koukiの感想・評価

3.9
家族って意外と苦くて辛いことが多い。
近いからこそ比べられるし比べてしまう。
それが家族の距離を生む。
>|