むらの小路実篤

間宮兄弟のむらの小路実篤のレビュー・感想・評価

間宮兄弟(2006年製作の映画)
4.0
意味がない会話。まとまりのない話。
ドラマ性が薄い日常感の再現が非常に上手いです。いつもの生活を思い出させるようなほのぼのした映画です。

マニア兄弟な間宮兄弟の掛け合いも面白いですが、兄弟を中心に横をすり抜けていく魅力的な女性キャストの面々もこの映画の見どころです。

森田芳光監督のデビュー作「のようなもの」の間抜けた雰囲気は残りつつ、本作はよりビターで、大人向けになった青春劇です。
愛される映画です。

「のようなもの」の尾藤イサオの曲脳内でリピートされています。(使われていないのに)