お豆さん

子供たちは見ているのお豆さんのレビュー・感想・評価

子供たちは見ている(1942年製作の映画)
4.0
主人公プリコ役のルチアーノ・デ・アンブローシスは、当時5歳!そしてエキストラで若かりし日のマルチェロ・マストロヤンニが出てるとのことだけど、私にはわからなかった。

子どもは結構冷静な目で大人たちの弱さを見ている。そして、その弱さを繊細に感じ取っている。それでいてフランスとの国境近くにあるリゾート地から遠く離れたローマまで、父恋しさに線路を歩いて行こうとする大胆さもある。子どもの視線から大人たちのやり取りを見ていると、こうも身勝手なのかと思わされる。大人には大人なりの大変さもあるわけだけど。

新興住宅の建ち並ぶ、1940年代のローマ郊外の様子や、海水浴をし、美味しいものを食べ、社交を楽しむ夏のバカンスなど、当時のイタリア人の生活を見るのも楽しい。

2016. 25