Ryo

プレステージのRyoのレビュー・感想・評価

プレステージ(2006年製作の映画)
4.1
好き嫌いの別れる映画だけど僕は好きでした!
いわゆるどんでん返しというものとこれまでの謎がラストに一気に解けます。驚きの連続でしたね最後は。
でもちょっと惜しい、ちょと長く感じたし眠くなったからテンポが若干悪いのかなと感じた。でもノーラン作品は大体好き!

まずこの映画自体がトリックのようなもので私達は騙されてます。いわゆるノーラン監督からの挑戦状のようなもので冒頭のシーンでも「しっかり見てごらん」と言ってます
結局マジックはタネを知らず騙されている方がいい。ということですよね、、

ラストシーンめちゃすきかっこいい


「人間瞬間移動」のタネを知りたいか ? 知りたいならば続きをどうぞ。しかし、私、ジョン・カッターはこう忠告申し上げます…「だまされている方がいいのだ、タネは知らないほうがいい」