Haruka

プレステージのHarukaのレビュー・感想・評価

プレステージ(2006年製作の映画)
4.0
2人の天才マジシャンの壮絶な争いを描いたサスペンス映画。
監督はあのクリストファー・ノーラン。

さすがノーラン監督。今回もまたやられてしまいました。先を読んでも読んでも一つ二つ読みが足りない。甘い。ノーランはまだまだ先を行く。
ノーランらしい作品でした。
ラストまでの展開と人の感情の描き方がやはりすごい!

情報量が多すぎてラストのあのシーンを観て頭が混乱しましたが整理し解説を読みオチが分かった時にどっしりと重たい何かがのしかかってきて、ただただ驚かされました。

最後にヒュージャックマンがたどり着いた最高のマジックのタネが想像を絶する、、ここまでやるのかと思いましたが彼の境遇を考えれば納得できるかも…⁈いや、難しいかな…。

映画全体がマジックですね。
何重にも仕掛けられているタネ(オチ)は秀逸。あなたは見破れるか?

タネが分かったうえでもう一回観ると理解が深まります。

面白かったです。
オススメ!!!