プレステージの作品情報・感想・評価・動画配信

プレステージ2006年製作の映画)

The Prestige

上映日:2007年06月09日

製作国:

上映時間:130分

3.7

あらすじ

「プレステージ」に投稿された感想・評価

MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

3.7
確認→展開→偉業【プレステージ】
マジックはこの三段階で成り立っている。

やられたらやり返す、種明かしだ!

放電マシーン、怖いぞ👤👤👤👤👤
KEITA

KEITAの感想・評価

5.0
冒頭の導入のマジックについて説明されるくだりが、映画全体のとても大きな伏線になっていて1人で家で見ていたのにも関わらず思わず拍手をしてしまった。
テネット3回目を観て、その後鑑賞。
かなり鍛えられたせいか、そうきたかー、と素直にオチを味わえた。
面白い、クリストファー・ノーラン天才。

若い頃のクリスチャン・ベイルとヒュー・ジャックマンちょっと似てる。
見始めた時は、ふーん、SFじゃないんだーと思っていたのに、途中からエジソンのライバル、テスラ(ではないらしいけど)が出てきたあたりから、あれ、サイエンス…となり、最後は完全にサイエンスフィクション!だった。
4707

4707の感想・評価

3.8
二人のマジシャンが互いに、命を賭しても貶めることに執念を燃やす物語。
二人の化かしあいに観客も一緒に騙され、結末にはあっと驚かされるだろう。
難しいことは一つもないので観やすかった。
Basco

Bascoの感想・評価

4.4
ノーラン監督ということで鑑賞。
この映画は2人の男がマジックを通して競い、そこに愛憎が絡んで、より一層泥臭く戦うという物語で決して明るい物語ではないが、どんどん引き込まれていく、というより吸い込まれていく作品で何よりも最後が自分的にとても好きだった。
観客を驚かすマジックで、お互いを化かしあい、最後は見ている視聴者も騙される。マジシャン同士の歪みすぎてピュアな復讐劇。時代感がとても好みだった上に、ストーリーも難解すぎずよかった。
プレッジ
ターン 
プレステージ

お見事な伏線回収と、ヒュージャックマン、クリスチャンベイル二人の名優演技合戦で緊迫感保ったままエンドロールへ。
他の方のレビューにもあったけど、私的に評価が突きぬけられなかったのは主人公二人に共感ができなかったこと。
面白いのにドラマの余韻が残らない。
残ったのはエジソン、ゲスいやっちゃなー!ってことかな。

本作と「エジソンズゲーム」2本立てで観るのもありかもね。

若者は何かの虜になってしまうものなのだよ。
245-82
復讐と情熱は狂気そのもの

マジシャンの男が2人、ある日もう一人の恋人を水中脱出マジックで死なせてしまう
そこから始まる復讐とマジック種明かしによる報復
その果てにあるのは…

クリストファーノーランらしく、多少複雑だったが『メメント』や『テネット』よりはわかりやすい
物語が急展開を見せるのは科学者テスラの発明品、およびそれを使ったマジックだ
この装置が現実離れしているが、決してマジックや映画のご都合主義ではないと感じさせてしまう
それほどまでに、それ以降いやそれ以前の主人公二人の狂気の世界を我々にぶつけてくるのだ
復讐と観客を魅了させる芸のため、己の全てをなげうつ彼ら
序盤の中国人のマジック、鳥の瞬間移動、本当と嘘の日、全てが伏線の津波となって最後に襲いかかる

やはりクリストファーノーラン作品に外れはない
キーン

キーンの感想・評価

4.5
TENETの難解さに置いてけぼり食った後に観たのだけど、このくらいの謎ぐらいが俺には合ってる
naru

naruの感想・評価

3.9
こーゆーの予想してるやつの上というか
考えもしてない方向にいかれるから
おもろいー!
なんでこんな物語考えれるん
>|