アメリカン・グラフィティの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

アメリカン・グラフィティ1973年製作の映画)

American Graffiti

上映日:1974年12月21日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アメリカン・グラフィティ」に投稿された感想・評価

ERI

ERIの感想・評価

3.8
1973年ジョージ・ルーカス監督「アメリカン・グラフィティ」を朝から観る幸せ。おはよう!

夜更けに集まって生演奏でダンスをする、横に並んだ車に乗ってる女の子と目があって恋をする、その時の思いつきとか出会いとかそれだけでいろんなことが始まっていく青春って、本当に尊い。

60’sのアメリカの街や車、ファッションそれだけで。音楽も最高だ。生意気なのがとてもいい。

男の子が女の子がわかりやすく取り合ったり、アメ車のドアを挟んで恋人とキスをしたりとか、こんなキラキラした時間ない。
mare

mareの感想・評価

3.5
今やスターウォーズでしかないジョージルーカスの初期青春映画。高校を卒業し大学進学を控える前日に、高校生としての最後の夜に青春を爆発させる。最初は溜まり場に集まる4人組の少年たちがそれぞれ別々に街へ繰り出すが、みんなトラブルに見舞われながらもあまりに自由すぎる破天荒な一夜を描く。俳優も自由に演じているらしくストーリーというストーリーもなく展開もメチャメチャ、ナンパに喧嘩にカーレース、曲もビーチボーイズとか往年のロックンロールナンバーとか当時の陽キャ100%が封じ込められた青春映画のバイブル。信号待ちで喧嘩ふっかけてきた車にスプレーで窓に落書きしてやり返すシーンやメルズドライブインのローラーシューズの店員などコミカルで愛すべき場面が多い映画だ。
ウメダ

ウメダの感想・評価

4.1
62年の平和だったアメリカの青春映画。
最近、60年代のアメリカ音楽にハマってるし、それに60年代の古い車が好みだから、それだけでも十分に楽しめました。

当時、唯一のプロの役者が、ロンハワード監督だけってのがいちばんの驚き。
リチャードとハリソンが若い!
Ken

Kenの感想・評価

4.0
青春の1ページって感じでした。徹夜すると色々ありますね。関係ないけど、初めてチャックベリーが歌っているジョニーBグッドを聴いたかも知れません。私のスタンダードはマーティマクフライver.ですw
abkynks

abkynksの感想・評価

4.0
オールデイズな世界観が大好き過ぎる
高校最後の夜が終わると共にアメリカが激動の時代に向かうと思うと切なくなる
出発前夜の話。
いま観るとシンプルなストーリー。
旧車見たさと
音楽聴きたさで久しぶりに観た。

テリーが実は
車を持ってなくてベスパだけって
いうのも良い🤓
お酒買う時とかめっちゃ頑張ってた。

スティーブとローリー
ホントの気持ちを言うまでのまわり道。

ずっと一緒の夏(日本なら「青春」)
なむみ

なむみの感想・評価

3.8
50年代に行ってみたくなった。
音楽が色々名曲が使われてて楽しめます
EDA

EDAの感想・評価

4.5
ブックスマートが素晴らしかったのでその源流を久しぶりに鑑賞。やはり憧れのアメリカが詰まってる。
nebou

nebouの感想・評価

3.2
音楽がよくて、サントラが先でした。若い日の甘酸っぱい思い出みたい。
ソ

ソの感想・評価

3.8
キャロルが飛び抜けて好き。生意気なガキは可愛いし生意気なガキが出る映画は大概良作なんすよね〜。

カルチャー面は当たり前に最高で。サントラはチャックベリーとビーチボーイズぐらいしか分からんやったけど、ジェームスディーンみたいなジョンばりかっこよかったしロックンロールに乗せたツイストもイケイケやったしスティーブとカートのアメトラな感じも良!なによりファラオ団がグンバツに渋かったーー。あと見落とされがちやと思うけど、ジョンが車乗っとるときに話しかけてきたシャツにスタジャン(?)着とった奴、あいつもめちゃくちゃ渋かった!
偉いもんでちゃんとみんな康祐みたいやった( 笑 )

JFK殺害やベトナム戦争に直面する若者、またはアメリカという国全体にとって、一つの節目となる最後の楽しい時期を描いた作品、というだけあって何処か哀愁が感じられるのが良いんだよねえ、重みがあって。まあそれ抜きにしてもキラキラしとるし笑えるシーンもある良い青春映画。想像以上に好きでした。