MakiMinami

幸せのちからのMakiMinamiのレビュー・感想・評価

幸せのちから(2006年製作の映画)
4.6
本当の息子さんと共演のこの映画。
最初は、切なくて、辛かった。
アメリカの実業家
クリス・ガードナーの実話。
ウィルが息子と手を繋いで道行くとき
ふと振り返るシーンに
ガードナー本人が出演している。

骨密度を測る医療機器の販売に失敗し、
妻と離婚し、
家もとられ、駐車料金が払えず、
勾留され、息子をつれ、
ホームレスをしながら、
新しい仕事に挑戦する。

フェラーリの男性に、
あなたみたいになるには
どんな仕事につけば良いのか?
質問をし、証券マンを目指し、
無給の半年の研修生に選ばれ、
たった一人選ばれる証券マンを目指す。

どん底からの
アメリカンドリームな物語。
本物の親子だからこそ出来る、
リアルで自然な演技が、
余計胸を打つ。

この苦しみ。
よく分かる・・・。
這い上がるには、
知恵と努力とチャンスを掴む
行動を起こすこと。
頑張るぞ(*゜Q゜*)