chako

あの日の指輪を待つきみへのchakoのレビュー・感想・評価

あの日の指輪を待つきみへ(2007年製作の映画)
3.0
1つの指輪に秘められた男女の儚い恋を描いたラブストーリー。

物語は第二次世界対戦を背景に1991年の<現在>と1941年の<過去>とが交差しながら進んでいく。

主人公の女性エセルを演じるのは、シャーリー・マクレーン
そして若かりし頃のエセルにはミーシャ・バートン

この頃のミーシャ・バートンの可愛さときたら…
2007年製作だから、ちょうど海外ドラマ「THE O.C.」のすぐ後くらい?
「THE O.C.」大好きだったなぁ。
セス(アダム・ブロディ)が好きすぎて、私の中でセスは最強草食男子だった(笑)

エセルは街一番の美女でいつも男たちに取り囲まれているのだけど、可憐で美しいミーシャの姿を観ると男たちが彼女に夢中になるのも頷ける。

ただ、彼女が50年もの間、彼への想いや約束に縛られる程二人の絆が強く感じられなかったのと、自分の母親が父親以外に愛し続けている男性がいると知った時の娘の心情を考えると、もう少し配慮して欲しかったなとも思いました。

個人的にはどうもそれ程響くものがなかったのですが、ミーシャ・バートンが何気にフルヌードになってたりするので、「THE O.C.」のミーシャが好きだった人にはおすすめかもしれません♪