松井の天井直撃ホームラン

あの日の指輪を待つきみへの松井の天井直撃ホームランのレビュー・感想・評価

あの日の指輪を待つきみへ(2007年製作の映画)
-
☆☆☆★★★

「生前は良い奴だったけど、死んでしまうと厄介の種だ!」

クリストファー・プラマーが最高に渋い。男の優しさ全開です。

ミシガン州の仲良し3人組による男同士の約束と、1991年当時の政情不安なアイルランドで、50年年間に渡り“男の約束”を果たそうとするピート・ポスルスウェイト。

映画は時空列を縦横無尽に飛び廻るが、巧みな編集によって決して今何が起きているのか戸惑う事は無い。
例えば、過去に於いてドアが開けられて話が進めば、現代でも(設定は1991年)ドアが開けられ話が進む等々。
主人公のシャーリー・マクレーンが、過去と現代では性格的に違いが在ったり、娘との確執が深い為に起こる終盤近くにある罵りあい。しかし、いつしかそれも解消されるに至る件り…。その辺りに多少納得仕切れない箇所も在りますが、プラマー、マクレーン、ポスルスウェイト等の演技力。リチャード・アッテンボーローの格調有る演出力によって、最近観た作品では図抜けて見応え満点です。
時代設定がIRAによるゲリラ活動が活発だった年代の為に、街を一望出来る《丘》を背景にしたクライマックスの緊張感は最後までハラハラさせられました。

2羽のつがいが大空を羽ばたいて飛んで行くラスト…良かったです。

(2008年7月19日 東劇)