まつこ

時計じかけのオレンジのまつこのレビュー・感想・評価

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)
4.0
危険な名作。
「映画〇〇選」などで必ず出てくる今作。このジャケットよく見ますよね⁉︎何となく手に取ることなく今日まできたのですが満を持して観てみました。

感想は『なんじゃこりゃーーー‼︎』
決して好きと手放しでは言えないけど衝撃と様々な感情が沸き上がる。たぶん一生忘れられない。

始まってすぐは目を背けたくなるような暴力に目を細め(あぁ目に優しくない(-_-))、容赦ない彼らに嫌悪感を持ちながらそれでも流れる音楽とアートのような画面に引き込まれた。

ナッドサット言葉を使って近未来で暴れ回る彼らは現実離れしていて、見ている暴力をどこか遠くに感じさせてくれるのは私にとって救いでした。『雨に唄えば』のあのシーンはあの歌があるからか芸術的に見える。あぁ私も気づけば狂気に魅せられているのか。トルチョック…やばすぎるぜ。

物語が後半になってくるとどんどん引き込まれ、あっと言うに時間が過ぎた。クラシックと映画の融合が心地よい。

改心のない善を果たして何と呼ぶのか。『時計じかけのオレンジ』表題がまさに映画の核心に触れている。アイデンティティを持たずして人は人と呼べるのか。

不朽の名作に違いない。
人を選ぶ作品なのかもしれないけれど観たことがないならこの衝撃を感じて欲しい。