mutty

時計じかけのオレンジのmuttyのレビュー・感想・評価

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)
5.0
久々にこんなパワー持った映画みた。全てのカットに意味があって芸術的なカメラワークとカット割。スパゲッティ食う時の5人の映し方でさえ感動した。

ストーリー展開も無駄がないし、造語も近未来にありそうな感じでおもしろいし、性描写や暴力シーンもおしゃれに感じる。もう観てるこっちも狂ってきてるんかも。

これは何回でも見て勉強したい。キューブリックほんまに天才やなあと。

"I was cured, all right."