井手脇教貴

時計じかけのオレンジの井手脇教貴のレビュー・感想・評価

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)
3.7
スタンリーキューブリック作品。
描写が暴力的なのもありますが、我儘し放題だった時代から一転、刑務所で実験されておどおどした感じになってしまったのかな?
うーん、身障者になった自分としましては、他人事とは思いませんな
( ̄^ ̄)