NonCorleone

時計じかけのオレンジのNonCorleoneのレビュー・感想・評価

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)
4.5
この映画は若いうちに観た方がいい。

この映画を始めて観たのは小学五年生の時。
父にスパゲッティが食べたくなる映画だと言われ観させられた。その時のインパクトは凄まじかった。生まれて初めてレイプを知った。そこから僕の人生にはこの映画がまとわりつくようになった。

僕がこの映画を好きな理由はストーリー云々より、始めて観た時に強い印象を受けたからかもしれない。冷静に考えてみると、この映画はたしかにすごく評価されるような作品ではない。この映画に高評価をつけている人は私のように第一印象が強かったから好きという人は多いと思う。だがそれがこの映画の強みだ。観た人に忘れさせない、芸術性、ストーリー、セリフになっている。