さ

時計じかけのオレンジのさのレビュー・感想・評価

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)
3.7
世間や政治への批判と皮肉、悪は必ず自分へ返ってくるというメッセージが込められていた。
この映画に愛も友情も信頼も何もない。
華麗なクラッシックに乗せる華麗な暴力、下品なようで上品なようで、アートなようでコミカルなよう。
人間の影の部分に焦点を当てた作品だと思った。