時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A CLOCKWORK ORANGE

製作国:

上映時間:137分

3.8

「時計じかけのオレンジ」に投稿された感想・評価

Mena

Menaの感想・評価

5.0
もう話とかでなくて全体でもう素晴らしい。
もしも次の人生生まれ変われるなら男に生まれ変わりたいし男になってからこの映画を観たい。
KADFILM

KADFILMの感想・評価

3.8
311投稿目
これはすごい。こういう作品はおそらくキューブリックにしか撮れないでしょう。だからこそ名作なんだと思います。
けど好き嫌いが分かれそうな作品なので人にはオススメできないかもしれません。

また次観るときはナッドサット言葉を理解してから観ようと思います。
にしてもキューブリック作品は顔芸が多い。
藤井

藤井の感想・評価

3.7
ぶっ裂こう。邪悪で残酷なこの世界から飛び出そう。

冒頭における数々の暴挙に反して、殆どの時間は淡々とアレックスの語りにより進行する。この感情は哀れみとでも言うべきか、言葉はどうしても好きになれないため持ちたくない気持ちなのだが
独特の字幕でアレックスの造語が繰り出され殆ど意味が分からない 楽しそうに生きていることだ
オレンジジュースが美味しそうですね
レコード店の雰囲気が愛おしい
レビュー中の脳内BGMはnot found
水曜日

水曜日の感想・評価

3.3
第九嫌いだけ治ってねぇーw

冗長かなーって感じるシーンも多いけど、洗脳するシーンが最高。
vicwink

vicwinkの感想・評価

4.1
この世界に生きる様々なプレイヤーの狙い・欲を風刺的に上手く捉えてる作品だと思う。世界観がすごい
Lostlion

Lostlionの感想・評価

3.8
映画の美術は中毒性があり、結構気に入ってしまった。ただ、本性的な暴力への嫌悪が映画を観ていて起こらざるを得なくて、一気には観れなかった。放埓な暴力、アルトラと全体主義に近い管理社会との対立、そして、最終的な統合?懐柔?とにかく主人公の魅力的な演技に圧倒された。苦痛からの逃避ではなく、善なる行為、心持ちのもとに善人であるべきなのに、なんとも暴力的な矯正の方法にもはや人間道徳に対する暴力であると感じた。ともかくもホラーショーなシニーではある、ただし、見る前の心構えは必要である、ライティ・ライト?
雨に唄えばを素直に観れなくなっちゃう
Nicolaus

Nicolausの感想・評価

4.1
暴力は大嫌いだけど、スタンリーの描く作品からは目を背けることはできない。
彼のセンスは映画の枠で治らないので、何をやっても目立つだろうな。
社会に対するアンチメッセージのようだが、それでいてお洒落なので物凄い。
plaski

plaskiの感想・評価

4.0
鑑賞日不詳。
>|