時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価・動画配信

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A Clockwork Orange

上映日:1972年04月29日

製作国:

上映時間:137分

3.8

あらすじ

「時計じかけのオレンジ」に投稿された感想・評価

杉田

杉田の感想・評価

3.8
政治も青年も老人も、生きる者全て危険な人物なんだなと。1回じゃ到底分からないし語録片手に観ないといけない作品
KAITO

KAITOの感想・評価

3.9
暴力、強姦とすごい描写が多かった
偉いヤツらも法律の上だからといってすげえ事やっててなんかここまで良い奴が出ない映画あるって感じやった笑
最後はなんかスッキリしなかった。
現代では放映できないだろうなぁ。
長編ドラマを一気に短縮して観た感じ。
それほど内容が濃かった。
自分のやったことは、回り回って必ず自分に返ってくるんだな。
きく

きくの感想・評価

4.0
Blurの”The Universal”のMVがこの映画のオマージュだと知っていたので、ずっと機会を逃していたけど観てみた。

観た後に大好きになった。けど観てる時は予想通りの展開すぎて「最後まで観なきゃ」っていう義務感だけで観てた。キューブリックは最初にストーリー明かしちゃうのがスタイルなのかな?シャイニングもそんな感じだったから…

女性は強姦されるし老人は殴り殺されるので胸糞悪いの苦手な人には無理かも。アレックスみたいな男性は少ないと信じたい〜。あと悪友が警察官になっちゃってるのもなんか、若い頃遊んでたけど今は落ち着いて家庭を持ってるぜ、みたいな感じでキモいな。あと、女性が性に奔放なのを見て「いけないんだ笑」ってアレックスが言ってたけど、古い価値観だな〜、アレックスにも性欲があるなら目の前の女性にだってあるやろ!って思って見ていた。(古い映画なので仕方がない)

と、私としては色々アウトな映画の筈なんだけど、観た後に大好きになってしまった(何度でも言う)。これはホラーショーな映画だ!印象的な画が多かった。ステージセットや衣装がいちいち奇抜だし、役者はみんな舞台演劇のような話し方をするし、動きも滑稽。これには私のガリバーもアルトラに支配され、ガディワッツをトルチョックされたような気分になった。

…ってな感じで淫夢語録ならぬ「オレンジ語録」で話すようになってしまった。
すどう

すどうの感想・評価

4.1
アルトラとインアウトだけのシニーと思って敬遠していましたが、とてもホラーショウでした。ウォーブルの使い所が印象的でした。
主人公のしたことに報復があったのでもやっとすることはなかった。
アレックスの顔の演技は強烈で頭から離れない!!
ァ

ァの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ほぼアートとして鑑賞しました
内容は最悪
こりゃアレックスが悪ぃよなあ
ワカメ

ワカメの感想・評価

4.0
今更ながら初ビディー
前半はとんでもないオシャレ映画だなと思って見ていたが、後半からの展開には考えさせられた。
新療法による更正を志願した事に始まり、自殺を試みた事やその命さえもが権力者の手の上で踊らされていることには虚しさを感じた。暴力行為=体制権力への反発と考えるとなんとも皮肉な話である。
アレックス本人は自分を聡いと思っている節があるが、自身が利用されているには気付いていたのだろうか?
春

春の感想・評価

-
記録用
>|