時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A CLOCKWORK ORANGE

製作国:

上映時間:137分

3.8

「時計じかけのオレンジ」に投稿された感想・評価

刺激物ゥ〜!
nope

nopeの感想・評価

5.0
彼を超えられる作品は果たして今後生まれるのか
トラ

トラの感想・評価

4.0
セットの世界観とオシャレさにとても惹かれた
作中でアレックスが「雨に唄えば」を歌うシーンは確かに強烈
2018.10.22 鑑賞記録
リ

リの感想・評価

4.0
やっと観たーー!
超昔にレンタルして返却日前日の深夜に慌てて観ようとしたものの、その場に居合わせた母親に心配されて観ないまま返却した映画、、、w
この映画、真っ赤に染まった画面からスタートするという。その衝撃はすごかった。

キューブリックの映画ってなぜだか「いま映画観てるーー!」って感覚にすごくなれる。笑 今作も洗練された一級品でした。見終わっても衝撃がすごい!

「暴力=快感」という事をまざまざと見せつけられる前半はだいぶ気分悪くなった。
あの名曲「雨に唄えば」を気持ちよく歌いながら強姦したり暴力を振るったり、、
これ暴力を誘発する映画では、、と思ったが、実際にこの映画に影響された青年が犯罪を犯した事件もあったそうな。そりゃそうだ。けどそこまで人に影響を与えてしまう魔力を持った映画ってことで、この映画には畏怖を感じずにはいられない。

洗脳療法の実験台になってるシーンでは、瞬きできないように瞼を固定されるあれが気持ち悪すぎて直視できなかった

最後は最高に鳥肌立つ展開で最高だった!

「人間らしさ」とは、自分の意思で選択が出来るということ。そこには善も悪も両方存在しているということ。
犯罪をも正当な「人間らしさ」であると感じさせてしまうような、人間の業を肯定するハンパない映画だった。

間違いなく衝撃作。善とは何か。をシニカルに問いなおす映画でしたキューブリックあっぱれ、、!
Shin

Shinの感想・評価

2.0
面白い映画とは言い難い

気持ちの良い映画では無いけれど
印象に残り忘れられない、或る意味においては惹き込まれるように感じた
しゅう

しゅうの感想・評価

3.9
刺激的描写おおめ


🙈🙈🙈🙈🙈🙈
mina

minaの感想・評価

3.7
とにかくずっと胸糞悪さが拭えないんだけど、嫌いになれない作品
これは誉め言葉です笑
場面場面、どこを切り取っても芸術的
スタンリーキューブリック監督の映画は本当に独特ですね
人にオススメはし難いけど、個人的には結構好きなんです
yuka

yukaの感想・評価

4.5
まじ予想外のファッキンエロバイオレンス映画で何も知らんでびっくりしたけど
これもずっと観たかったやーつ
huluにあったから観れたあざす

ただ日本語字幕が難しすぎて英語を聞き取ってる余裕がなさすぎた..

雨に唄えばの曲聴いてたらまた観たくなるやな

家のかわいさがキューブリック
クレイジーすぎてすき
え、これ1971年の映画なの!?
ポップでファッショナブルな衣装と世界観、軽快な歌。そぐわないクラシック。
暴力・性描写は過激ではあるが不快感を動きの軽さで絶妙に抑えているところが何とも言えない。
風刺が効いている。

物語後半と断片的なシーンがやたら頭に残る映画だった。
>|