時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A Clockwork Orange

上映日:1972年04月29日

製作国:

上映時間:137分

3.8

あらすじ

「時計じかけのオレンジ」に投稿された感想・評価

Kensuke

Kensukeの感想・評価

3.0
40年以上前の作品なのに映像や美術がとても刺激的だった。
当時観た人たちはさぞ刺激されただろうな。

ただこの作品の核となる部分はいつの時代でも変わらない事であって、
若さゆえのありあまるエネルギーの発散の仕方を暴力でしか知らなかった主人公たちの末路は切ないというかもどかしい。

ただ独特の言語や、刺激的過ぎる映像と音に鑑賞後の疲労がひどかった。

まさに若者のありあまるエネルギー。
自分が年を食った実感をさせられた。
スズル

スズルの感想・評価

3.9
巨匠スタンリー・キューブリックが織りなす問題作でもあり傑作。

キューブリック作品は『シャイニング』などの他作品にも言えるが、表現が素晴らしい。

描かれるキャラクターや過激なシーンに暴力的なものも多いが、独特な演出方法により魅力を感じてしまう。

時計仕掛けのオレンジとは府、強いては国に操られ、時計仕掛けになってしまったアレックス自身なのではないか?
天

天の感想・評価

2.3
「雨に唄えば」が喫茶店で流れるとミルク🥛頼みたくなる。
思春期真っ盛りの頃に観たので、あのつけまとステッキとボウラーハットに非常に中二心をくすぐられた。若気の至りで買わなくて良かった。
内容はえげつないのに、絵づらがオシャレ、ファッションがオシャレ、インテリアがオシャレ、音楽もオシャレ、DVDジャケ写や宣伝ポスターもオシャレ。アレックスの部屋に住みたい。

この映画が嫌いな方でも「時計じかけのオレンジ ポスター」で検索してみて下さい。超カッコいいポスター色々あります。

このレビューはネタバレを含みます

最後のシーン好きすぎる、ゾクゾクした
邦画で私が大好きな、チワワちゃんのセックスシーンとこの映画のセックスシーンはオマージュですかね。
この映画以降、セックスシーンにクラシック系の音楽が伴ってるの見ると気が変になりそう。リバーズエッジもそうだった記憶

このレビューはネタバレを含みます

まじでアレックスが畜生オブ畜生すぎてもはや面白い
スタンリーキューブリックは原作者殺しだけど個人的には原作より好き
原作では更正するんだけどもうここまでいけば畜生道極めてほしいもんな

救いようがなさすぎてどん底になりたいときにオススメの映画です!
極彩色のわけわからん夢、みたいで頭おかしくなりそうだった
ばにき

ばにきの感想・評価

3.7
なるほど問題作。飛行機で隣の後輩に見られないようにこっそり見た。
ス

スの感想・評価

-
人間ってこわいなー
アレックスもだけどその周りの自分のためならなんでもする大人たち

音楽のミスマッチさがすごい
いい意味で

2001年宇宙の旅を先に観たから、もっと理解できないかと思ってたけど、割と理解できたからよかった

スラングの意味わからなさがいいね
なんかすごいものを観た気がする
人間の本来持ってる感情をぶちまけてる。
>|