時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A Clockwork Orange

上映日:1972年04月29日

製作国:

上映時間:137分

3.8

あらすじ

「時計じかけのオレンジ」に投稿された感想・評価

ダイラ

ダイラの感想・評価

1.5
AKIRAに通じるアウトロー感があった。
観る人によっては名作と感じるらしい。
しかし、裏に意味が隠されていたとしても自分にとってはただただ不快な映画でしかなかった、と書かざるをえない。
n

nの感想・評価

3.6
キューブリック2作目。
これを最初に見るか他のを見てから見るかで評価が分かれそう。
もっとバイオレンスで気分が悪くなる感じかと思ってたけど「暴力の楽しさに抗えない禁断症状」を美しく描いたものだったので普通に鑑賞。テーマ云々より画面の綺麗さに目が行った。
時計仕掛けの人間よりかは自分の衝動を持ってる人間の方が幾分マシって皮肉にも聞こえる。
非常口

非常口の感想・評価

4.2
ひたすら暴力ってかんじ。
でも綺麗だしおしゃれだったな
さすがキューブリック

右目の下まつげ好きすぎるし
ミルクも飲みたくなるね もちろん普通のね

最低なんだけど最高だった うん最高

時計じかけのオレンジの造語?みたいなの、あれ好き
"めまい"もそうだった様に開始早々の眼差しに掴まれるお洒落演出。

凶悪犯罪が起こると「被疑者には同じことを罰すればいい」というハンムラビ的な意見をネットでよく見るけれど、この作品も途中までは正にそうだったと思う。
人間の凶暴性は変わらないよ、ってところなのかしら。主人公もしかりだけど、作家先生も自分ごとになると途端に豹変するところがリアル。
調べたら原作小説はラスト真逆なようで、作者と揉めたとか。
個人的には映画の終わり好きかな。

それにしても役者さんの身体の張りようね。
特に水の中に頭突っ込まれる所がびっくりした。
自分がドラマとかで見てきたのは、頭突っ込まれてる様子と水中の顔を交互に見せたり、突っ込まれても数秒とかで息継ぎもそこまでキツくないシーンばかりだったけれど。この作品は異常に長くなかった…?数分?しかも殴られながら。メインシーンではないけれどかなりドキドキした。

シャイニングの監督と同じと言うことで、
ラストの締めは上向いて白目見せるの主流なのかな。

兎に角、品行方正に考えがちだけれど、もっと自由に表現しようよって思えたので良かった。
開斗

開斗の感想・評価

4.0
アレックスが入院している時 前のベッドで医者とナースがヤってるシーン最高に面白かった
そらじ

そらじの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

今作が伝えたいテーマは、犯罪者から暴力を奪っても暴力を奪われた犯罪者に対して暴力を振るう者が出てくるため結局はこの世から人間性の塊である暴力を払拭することは不可能という事なのだと思います。
冒頭から暴力と性描写の連発だが、それは今作のイメージを一瞬で理解出来る素晴らしい演出だと感じました。それだけでなく社会風刺が凄まじく描かれております。主人公のアレックスが受ける「ルドヴィコ療法」は彼がして来た残虐な行動を踏まえて見ても、可哀想に見えるほど残酷かつ苦痛の療法だと思いました。その療法の所為でベートーベンの第九を聴くと、アレックスは激しい嘔吐感に襲われてしまうようになってしまうのですが、そこのアレックスを演じるマルコム・マクダウェル氏の迫真の演技が素晴らしい。本当に嘔吐してしまうかのような勢いで演技をするので緊張感が半端ないです。
アレックスは前述の療法で完璧に機械の人間、すなわち”時計じかけのオレンジ”のようになってしまう。しかし最終的には「回復」を遂げ、巨大なスピーカーで「第九」を聴きセックスを想像しながら不敵で邪悪な笑みを見せるシーンは、キューブリック監督の伝えたいメッセージと風刺を表す名シーンの1つだと思います。風刺と性的描写が多い為万人受けはしないと思いますが、名作でした。
”治ったよ。もう大丈夫だ”
JUN3

JUN3の感想・評価

3.4
暴力や暴行などのシーンは
すごく嫌悪感もあり、
すごくリアルで、

そういったことは
自分にも戻ってくるっていうのも
私は好きだな。

インテリアや化粧とかファッションとか
すごく素敵で、狂ってるし、
違う意味で影響うけるのもあると思う。

若い時にみたら
結構衝撃的でトラウマ映画にもなりそう。
こまり

こまりの感想・評価

2.8
色はきれい
鮮やかすぎるフィクションだった。
虚構であるくせによっぽど現実味を帯びている。ここにある悪意や憎悪はあくまで作り物だけど、でもきっと私たちの世界に存在するものだと思った。だからこそとても怖くなった。
鑑賞後にひどく気分が悪くなって、そんな映画を観たのは初めてだったからいろんな意味で衝撃だった。精神衛生によくない。

それでいて衣装や小道具、背景はどれも素晴らしくて隈なくスクリーンを目に焼き付けたくなる。

恐怖を煽る音楽の使い方が秀逸すぎて酷いとさえ思う。

最悪で最高の作品、アンビバレント。
どん

どんの感想・評価

3.0
そんなに昔の映画だったの??と言うほど違和感はない。ただそれ以外にここまで評価されてる理由が自分にはまだわからなかった
>|