時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価・動画配信

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A Clockwork Orange

上映日:1972年04月29日

製作国:

上映時間:137分

3.8

あらすじ

「時計じかけのオレンジ」に投稿された感想・評価

ヒースレジャーのインスピレーション🤡

全ての芸術性が盛り込まれており、ただの暴力でさえも美しく見えてしまいます。

最初から最後までクラシック音楽が流れており、奇妙な世界観を完璧に表現していた素晴らしい作品です!


見た目はどこにでもいる普通の青年なのに中身はとんでもなく凶悪な何かを抱えている。ダークナイトのジョーカーを匂わせますね🤡

しかし、それは人間全体に言えるのではないでしょうか。その凶悪さを自分が選択するか、しないかで人間は変わってくるのではないでしょうか。

自分の凶悪さを見てみぬフリをせず、しっかりと受け入れているアレックスに共感を覚えます。

雨に唄えばとともに流れるエンディング、このエンディングを超えるもの
は無いと思います🤡


2020年
13本目
4回目の鑑賞
KANU

KANUの感想・評価

5.0
芸術をミキサーでグチャらせてた。最高。
迷走中

迷走中の感想・評価

3.0
破壊力あり過ぎて頭が壊れる、この映画をちゃんと評価するには1000作くらいみてからにして今回は一旦星3を付けておきます。
リオ

リオの感想・評価

2.5
クソ気持ち悪い。キューブリック作品としては好き。
1人で観ることをオススメする大狂い映画。彼女とかと観るには気まずい。

フォローさんの中にもよく観てる人がいて、とても気になっていた作品。
あらすじを読むと、バイオレンス系のヤバイやつだということはわかっていたつもりでした。

が!それをはるかに超える描写!!前半はマジでむちゃくちゃです!!ナンジャコリャがすごい!こんな映画があっていいのか、これは映画なのかと思うくらいに。笑
70年代どうなってんねん、と思いました…。

ただ中盤以降は展開がガラッと変わっていきます。主人公に対してまったく共感できませんでしたが、それはひどい…と思う展開になっていきます。

そしてラストはさらに狂ってた。笑
結局そうなるんか〜という感じです。顔がヤバかったな〜。

まったく先の展開の読めない映画でした。正直、何を表していたのかは観ただけではわかりませんが、色々な考察や解説を読んでちょっと納得できた気がします。

自由放任と全体社会主義の風刺的作品。これだけ聞くと難しそうだと思いますが、よく表現されていたと思います。

なにか解決するわけでもないので、本当に最後まで皮肉に徹して終わっている気がする。

またタイトルの意味やインパクトのあるジャケットの写真の意味なども色々な考え方ができるようになっていて面白い。Aの形になってるとは気づかなかった…。

狂ってるシーンをいい感じに和ませてくれたのはやっぱり、音楽とか服とか部屋の様子とかによって、いい感じに調和されていたような気がする。

キューブリックがすごい人だということはわかった。1回、または1本観ただけじゃわからない。
好きかどうかと言われると、あまり好みではないですが、ここまで狂っている映画を作れることは素晴らしい気がします。

また、しばらくしたら観てみたいです。笑
チゲ鍋

チゲ鍋の感想・評価

2.5
あれで洗脳は、無理じゃないか?
モヤモヤする。
あんまり気分の良い映画ではない。
kiki

kikiの感想・評価

2.8
再鑑賞
キューブリックとは馬が合わない。出所後の周りの人間の反応が気に食わん。
MiMPi

MiMPiの感想・評価

3.7
元祖猟奇的作品。
ちょっと頭おかしくなりそうになるね。
leonard

leonardの感想・評価

3.2
うーん、自分には良さが分からなかった。。。
Dylan

Dylanの感想・評価

5.0
おじいさんの演技力!
>|