マイ・フェア・レディのネタバレレビュー・内容・結末 - 3ページ目

マイ・フェア・レディ1964年製作の映画)

MY FAIR LADY

製作国:

上映時間:173分

3.7

あらすじ

「マイ・フェア・レディ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

レディーと花売り娘の違いは…

その振る舞いではなく
扱われ方です


(*’ω’ノノ゙☆パチパチパチ

女性に限ったことではなく
扱われ方は大切かも!(*゚Д゚*)

心に刺さりましたー!


そして
オードリー・ヘップバーンの
口パクを見たら
吹きかえられてしまった話を
思い出しました

本人の歌声じゃないのは
ちょっぴり残念ですが

だけど口と歌が合うように
編集してもらいたかったなぁ

とはいえ

ラストシーンの二人が
なんだか可愛くて
にんまりしちゃいました :*(〃∇〃人)*:
長い…すごく長い、びっくりした。3時間もあるから見るの凄くしんどいけど素敵な曲でやはりオードリーヘップバーンの愛らしい姿がとても良い。下町の娘から素敵なレディに至ってからのもう前の自分には戻れない苦悩もよく描かれていて良かった。
最後の終わりが納得できない。これからは強い女の時代だってことか??
英国王のスピーチも最近見たけど、イギリスってきちんとした英語を喋れてるかがマナーにおいてかなり重要なのかな。

アメリカ人からしたらイギリス英語は気取ってるとか聞くし、英語というものにかなりの誇りを持ってる感じ。旅行に行く時は気をつけなきゃな。

オードリーは可愛くて美しい。

でもサブリナやティファニーで朝食をでもそうだけど、元は貧乏なじゃじゃ馬から立派なレディになる、みたいな役が多いのね。

今作の磨かれる前の役柄はちょっとうるさくて見てられないな…。

他の作品でも思ったけどあまりオードリーの演技は好きじゃないかも?顔がうるさいというか…

表情豊かで声色も多彩でミュージカル向きの人なんだなーとか思った。私はあんまり好みじゃないが…

映画自体はそこで終わっちゃうの⁈って感じだった。もう少し先が見たかったなぁ。そしてあの先生を好きになる理由が分からんw

サブリナも見た後だったからシンデレラストーリーが似てて物語的にもまたこんな感じかとwセリフが多くて飽きずには見れるけどそこまでワクワクできなかったかなぁ。

競馬のシーンはモノトーンな感じで現代風で驚いた。今見てもオシャレ!あと父親役が陽気な酔っ払い〜て感じでいい味出てた。
だいぶ昔に大学の授業で鑑賞したのですが、王道ラブストーリーで、オードリーが育ちの悪い町娘から、上流階級のステキな言葉遣い立ち居振る舞いを身につけて返信していく様はとても面白くコメディタッチに描かれている。
そんな彼女が恋するヒギンズはカッコイイっていう感じではなく、癖の強いおじさまなのですが、そんな変わり者の彼に恋をするイライザにとても魅力を感じました。
オードリーの圧倒的美、ミュージカルな感じがとても好き、衣装やセットがどタイプ、後半の男尊女卑の価値観に驚いた、あなたはひとりで立って歩いていけるわ、音声学、失ってから始めて気づくという言葉の重さ、素直になれないところ
教授が徐々に可愛く見えてくる。

「マザーーーーー!マザーーーーー!!!!」

が可愛くて笑っちゃいました。
突然のデレが良いです。

ローマの休日を観てからだったのでオードリーのギャップにショックを受けて昔途中で辞めたけど、

今観るととっても面白かったしオードリーヘプバーンは相変わらず素敵な女性でした。

中身を美しくするならまずは外見から!
The rain in Spain stays mainly in the plain.
スペインの雨は主に平原に降る。
一回目はあまりにもオードリーの役が下品でショックを受けてまともに観ませんでした。
2回目は気を取り直してきちんと観ましたが、それでも途中で飽きました。
けど後半、舞踏会のあとからの展開は面白く見ました。

それにしてもオードリーの演技力には驚かされます。下品な態度や言葉は、オードリーの顔を持ってしても、その人の品位を本当に落とすんだなあと実感しました。見ててイヤでたまりませんでした。
上品になったあとは(いつものオードリーだー!)と思って安心して観ていました。

英国王のスピーチはここからヒントを得たんでしょうか?

オチはちょっと気に入りませんでした。あのまま独り立ちして欲しかったです。
後半、結局つまらんラブロマンスに帰着するんか〜い!前半は面白かったんだけどなあ。フレディがかませってのがどうしても納得いかない。あとオヤジあそこまでフィーチャーする必要ない。てか、ヒギンズを好きになるのが全く分からない。前半の粗野な花売り娘の演技とレディの演技をはっきり使い分けられるオードリーヘップバーンがすごい、それだけ。