マイ・フェア・レディの作品情報・感想・評価

マイ・フェア・レディ1964年製作の映画)

MY FAIR LADY

製作国:

上映時間:173分

3.7

あらすじ

「マイ・フェア・レディ」に投稿された感想・評価

花売り娘が言語学者と出会い、言葉を矯正することで"レディ"になることを目指す3時間の長編ミュージカル映画。舞台を観ているような気分になる演出が目を引きます。前半のコメディパートでは明らかに韻が酷い英語を話すヘップバーンの怪演に笑いがこぼれました。そして、後半のシリアスパートでは生き方や人の心の有り様を問いかけていて考させられました。ただ笑うだけの喜劇ではなく、皮肉もこめられているところに深みを感じた作品です。
imumiy

imumiyの感想・評価

-
♡︎ʾʾ
かのん

かのんの感想・評価

3.4
思ったより曲がはまらなかったから長く感じた。オードリーも衣装も可愛くて素敵。ラストの薄紫のシフォンのドレスが一番好き。
mayu

mayuの感想・評価

4.0
長いので退屈しそうになるが、途中からオードリーが美しく成長していく姿に惹き付けられる
オードリーの美しさはもちろん衣装も素晴らしい!
カナ

カナの感想・評価

2.0
前半が退屈で即寝
好きな人は好きだと思うけど自分には合わなかった
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

4.9
この映画はちょっとスロースターターで、オードリー・ヘップバーンがレックス・ハリソンの悪口を言って兵隊に射殺させるシーンから俺はノリはじめた。
あとはほとんどずっと素晴らしい。
ショーの『ピグマリオン』の結末を改変しているのは端的に通俗化と言っていいだろうし、貧乏人は「人間的」で「あたたかい」という観念の強調はその意図に反して差別的になってしまっている。
だが、ミュージカルシーンはそれらを超越するニュアンスに満ちていた。
色彩がみごと。

(追記)
これはあまり言っても意味のないことかもしれないが、オードリーはこの映画で「ローマの休日」の逆をやっているのだ、と思いついた。
言葉遣いを良くしよう
かな

かなの感想・評価

4.3
前半少し退屈だったけど競馬場のとこから面白かった🐎
教授ツンデレでかわいい
>|