アイ,ロボットの作品情報・感想・評価

「アイ,ロボット」に投稿された感想・評価

①見た目が人間のアンドロイドと付き合う、あるいは友人関係になれますか?

はい:犬や猫とも友だちになれるのだから、アンドロイドとも当然友だちになれる。
ただしそれは一方的な関係であって、犬や猫がこちらを友だちと思っているかは不明。でもそれは人間だって同じか。

②テクノロジーが人類の脅威になり得ると思いますか?

はい:「人工知能が人間の知能を超える」(シンギュラリティ)というのは全くの妄想。そもそも「人間の知能」が解明されてもいないのにそれを超えるという議論は成り立たない。
一方、現代社会はテクノロジーに過度に依存しており、すでに別の意味で人類の脅威になっている。停電が続けば日常生活は大混乱。

③どの技術が一番楽しみですか?(A.アンドロイド B.空飛ぶ車 C.宇宙旅行 D.脳への機器接続)

A:「ブレードランナー2049」のJoiちゃんが早く実現して欲しい。あと30年待ち? 彼女はホログラム映像だけど。

④アンドロイドに子供の世話を任せますか?

はい:「子供の世話機能」が製品化されていることが前提。世間での製造者責任の追及がハンパ無いので、ひとたび製品化された暁には相当の安全性が保証されているはず。
逆に言うと実装される機能は相当限定的なものになると思われる。全てお任せっきりのアンドロイドの実現は難しいと思われる。

⑤緊急手術が必要な場合、機械に任せますか?

はい:④と同じ前提。むしろ機械の方が得意な医療分野はすでにあると思われる。

⑥いつの日か機械に自我が芽生えると思いますか?

いいえ:絶対に有り得ない。仮に自我が芽生えたとすればそれはすでに機械とは呼べない(生体に近いイメージ?)。
「自我とは何か?」「機械とは何か?」「生命とは何か?」という問いにも繋がるが。
段々と、人間がわざわざやらなくても機械がやってくれるじゃんという事も増えてきた世の中だけど、この進化の先に、人と機械は共存出来るだろうか?という不安感も増えているとも思う。
いずま

いずまの感想・評価

3.2
ど王道なSF映画なのである程度は面白く観ることができた。
ロボのデザインがかなり好き。
tamako

tamakoの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

この映画自分が小さい頃にお父さんが観てたのがすごく記憶に残ってて、新型のロボットのビジュアルを忘れられなかった
いま十数年振りに見て、ウインクのシーンとかもすごい覚えてたし、話としてもけっこうまとまってて良いなって、改めて楽しめた
ただヴィッキーこんな弱かったっけ?というところはあるなんか
もっととてつもなく強くてやばいイメージ持ってたけど、赤いロボットさし向けるだけだった基本的に
まりん

まりんの感想・評価

3.2
特にかもなく不可もない、ロボットがもし自我を持ったらという話。
アルビ

アルビの感想・評価

3.5
近未来SFで人工知能ロボットの反逆映画。
いわゆる、よくあるパターン。

使い古された話でも、面白いものは面白い。
カーチェイス始めたときに、トラックからロボットが大量に突撃してくるんだけど、それがもう壮観。笑っちゃう。
随所にまじかよと吹いてしまうところがあり、これはこれで面白い。

定番ネタとわかってて観てほしい。
それでも諦めずに観てほしい。
まぁまぁ面白いから。
OkaYuna

OkaYunaの感想・評価

-
過去ログ
>|