シルクの作品情報・感想・評価

「シルク」に投稿された感想・評価

外は雨

外は雨の感想・評価

3.0
19世紀フランス、リヨンは絹織物で有名な都市。うーんと、蚕の卵を買い付けに鎖国の日本にまできたことは事実としてあったけども、シベリア鉄道でウラジオストクから船〜山形ってそんな経路なの???死ぬんじゃ?多分普通は横浜でお取引かと思いますけど。

原作者が『海の上のピアニスト』の人なのでいろいろファンタジー?わかりません。

ロマンティックですが、異国の地で出会った女が忘れられず、死んだ妻を重ね合わせるとか、おいお前w そしてやっぱり不思議ニッポン。坂本龍一の音楽が延々と鳴ってます。美しいけど過剰かな、と。
ふぁ~

=============
19世紀のフランス、家族と幸せに暮らしていた主人公のエルヴェは、
一獲千金を狙い日本に蚕の卵を買い付けにいく仕事を請け負う。
しかし、日本で謎の美女に出会い、、
=============

主人公がフラフラ、
奥さんかわいそうすぎ、
日本のイメージが謎すぎ、

終始雰囲気綺麗映画、以上!
けいち

けいちの感想・評価

2.9
美しさは素晴らしい。
「海外における日本のイメージ」←んん??となる。
なつん

なつんの感想・評価

2.8
えぇ…………

エレーヌの愛は深く、深くて、全部抱えたまま彼女はいってしまったのかと、切ない。なんだか誰も悪くないような気がする。いや、主人公は身勝手かもしれない。

本郷奏多とキーラ・ナイトレイが綺麗。
外国映画だけれど、日本の役者さん達がとても良かった。はるばる最果ての国まで・・のはずが妙に簡単に日本に行き着いてしまう。しかも何度も。外国人が抱きがちな日本へのなんじゃそりゃ的な幻想はチラチラ感じなくもなかったが、「ナイナイ!」とバッサリ斬り捨てるにはちょっと惜しいぐらい映像は綺麗。
marica

maricaの感想・評価

2.5
昔なにかのDVDに予告編として入っていたのを見てから気になっていたけどそのままにしていた作品がAmazonプライムにあったので鑑賞。確かにシーンの1つ1つが絵画のように美しかったし、エレーヌの庭を初め、たくさんの花が登場して本当に素敵。芦名星は色黒だし髪型もなんだか日本っぽくなくて、アジアっぽさを出したいだけか?と思ったけど中国人の設定だったんですね。しかし日本での女性の立場がほんとよくわからない笑 エレーヌの主人公に対する愛は良かった。中谷美紀がすごく綺麗だけど中国風の衣装だし結局ごっちゃになるんだなぁ
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

2.5
美しい映像と女性陣。ホントそれだけ。主人公のふらふらした行動が人に多大な迷惑掛けまくって色んな人が傷ついて終った。そんな感じで許せない。その見せ方もずるずる長いし、同じような場面の繰り返し…。役所広司さん出てるし楽しみにしてたのにー!
小森

小森の感想・評価

-
フランス人が日本までわざわざ行って何回か浮気する話。
[シルクのような…]

「レッド・バイオリン」のフランソワ・ジラール監督作。音楽や演劇を基調にした作品が多い中で、あえて静寂なラブストーリーを手がけた作品である。

当時、蚕自体が貴重だった時代。絹を作るための新鮮な蚕を手に入れるために、日本に向かう、元軍人の男。山奥の集落にたどり着き、蚕を買い付けるために村の首長の侍を訪ねるなか、男は、温泉に浸かるシルクのような肌を持つ、妖しくも美しい女に出会う…。

坂本龍一さんの音楽に乗せて、ゆっくりと旅をするように進んでゆく物語。シルクを探すなかで、男の人生を狂わすような美麗な女に出会う。そして、男は何度でも狂ったように日本に向かい、日本の闇にどっぷりと浸かっていく。

なかなか無いような気がするラブストーリーだった。こんなにも、汚れがなく、壮大で、美しい。
なかなか出会えない、こんな映画。自分も、この世界観にどっぷりと浸かってしまった。心が洗礼される作品でした。

男は、シルクを求めて日本に起つ。

そこで出会う一人の女…。

その女に出会った途端、時代はゆっくりと動く…。
>|