イベント・ホライゾンの作品情報・感想・評価

「イベント・ホライゾン」に投稿された感想・評価

あじ

あじの感想・評価

3.2
SFかと思ったら後半がっつりホラー。
船内の雰囲気やつくりがエイリアンでわくわくします。

7年前に極秘実験で消息を絶った「イベント・ホライゾン号」からある日突然信号が届き、主人公たちがそれを調査しにいくというお話です。
しかしこの信号がまた不気味。どうしてかラテン語で「たすけて」という声が収録されていたり絶えず悲鳴が聞こえたり。
挙句生命反応があるのに位置が特定できないという不気味さ。

船の中は、誰も知らないはずの過去やトラウマを見せつけてくるバードボックス式の何かが跋扈しています。

後半はけっこうグロい
chu

chuの感想・評価

3.1
ストーリーそのものの意味がわからん
おもんない
ローレンス・フィッシュバーン若い!
めぐ

めぐの感想・評価

3.8
レビュー全体的に低めだけど1997年の映画にしてはレベル高いのでは…?不思議要素多目だけどSF系なんてそんなもんじゃないですかね。話とか展開はゲームのDead Spaceにかなり近くて、この映画から影響受けてるのでは?と思うくらい。
結局なんだったんだ…
後半グロ多め
Hi

Hiの感想・評価

2.7
吊るしてるの超イイね!!!!!
イベントホライゾン(事象の地平面)とは簡単に言うと「宇宙の果て」のことらしい。ウィキペディアを読んでも理解不能ってスゲー。

宇宙探査中に遭難したイベント・ホライゾン号の救助に向かったクルーが無人の船内で酷い目に遭うSF幽霊船ホラー。襲ってくる怪奇現象のタイプが『禁断の惑星』や『惑星ソラリス』式なところはSF風。培養液を真っ赤に染めるのは『シャイニング』オマージュかな?

最大の特徴は、ホラーやファンタジーでよくある「異世界に通じる門」が船内にあるという点。SFと中世ゴシックを混ぜたような船内のデザインがグッド。いかにも素敵なことが起きそうで実にハッタリが効いている。やっぱし宇宙って怖えー。

ただ、海王星くんだりまで長旅をさせておきながら、ゲートによって開かれた異世界(地獄)のイメージが拷問風というのはいかがなものか…。その発想は中世の絵画と変わらないのかよ!せっかく2040年が舞台なので、なんかもっとこう想像を絶するような闇を見せて欲しかったな!

■こちらもおススメ
・ゲートの定番といえば『スターゲイト』のような古代遺跡系
・異世界のゲートがハイテクなSF『コンタクト』
・前半は不気味な館系ホラーだが魔界から来たやつのビジュアルが斜め上をいく『パラダイム』
sakio

sakioの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

お気に入り映画の1つです!でも改めて観ると、サムニールは目を潰したはずなのに、ローレンスフィッシュバーンとの対決では目が復活している!あれは船が見せた幻覚なのか、それともサムニールが本当に何かを超越してしまった存在になったのか?よくわからんです。ローレンスフィッシュバーンの「ああ見えるぞ」という台詞で船を爆破するシーンはシビれますね~。あとはジャスティン役の人(1番若そうな男の子)が最後生き残ったのか死んだのかも謎です~最後の夢オチシーンだと生きてる設定なんですよね。疑問を色々言ってしまいましたが、サムニールが狂っていくシーンは良いし、一瞬映る地獄絵図も不気味で良いし、面白い映画だと思ってます~!
NieR

NieRの感想・評価

2.8
そこのキミ!
そう、キミだよ。インターステラーや2001年宇宙の旅とかを見ちゃって、宇宙SFおもしろいっ!ってなってその他のおススメとかでこの映画にたどり着いてしまったキミのことだよ。
そんな…………
そんな気持ちでこの映画を見ちゃいけないっ!!!危険だぞ!!
サイエンスフィクションを求めて来たらいつのまにかザ・グリードの宇宙”船”版?
と思いきや頭のおかしいサイコパスとおもしろ黒人に翻弄されて最後はよくわかんないトゲトゲにビビってたらヤケドオバケに苦笑いするハメになる。
だから心して聞いて、それでも観るというならまずは先にコーラとポップコーンでもつまみつつソファに腰掛け、偏差値5くらいに思考を下げるんだ。
でないと、キミは後悔する。
助言はしたからな?
ようこそカオスな宇宙旅行へ。
>|