劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオスの作品情報・感想・評価

劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス2002年製作の映画)

製作国:

上映時間:75分

3.6

「劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス」に投稿された感想・評価

ポケモンの映画の中で一番好きかもしれません。
好き、音楽もいい、悲しい感じが好きだなあ
らて

らての感想・評価

3.2
音楽が子供の頃から好きだった

ポケモンは声を出さないから、ともすればわかりにくくなりそうなものだけど子どもたちにとってはむしろわかりやすいのかな。

ラティアスがとにかくかわいい


何か得るものがあるかと言われればなんとも言えないが、心は少しあたたまった。
KANSAIJIN

KANSAIJINの感想・評価

3.0
ラティアスが人間になれるとは…。
そんなに面白くはない。
2019年91本目。
過去鑑賞
naoto

naotoの感想・評価

4.0
特に序盤が好みなのだが、特徴的なアコーディオンのテーマとともにヴェネツィアの街でラティアス(カノン)を追いかけるシーンは街の美しさ、その独特のノスタルジーをとても強く感じさせる。特にポケモン映画ながらその描写の美しさには魅入らされた。
中盤からはやや急な展開で終盤の様相をみせるが、この部分はいつものポケモン映画という感じであった。
ただやはりこの作品はラストのカノン?ラティアス?のサトシへのキスにまつわる、ポケモンは人間より体温が低いためカノンかラティアスどちらかサトシだけはわかる、といった裏話のように、ロマンティックでありなおかつ不思議な余韻を残す、魂のこもった作品だった。
ラティアスかわいい。
>|