DDD

牛乳王子のDDDのレビュー・感想・評価

牛乳王子(2008年製作の映画)
3.8
内藤瑛亮監督の初期作。
好きな女の子のブルマでナニしてしまった高校生男子の気が触れて、その子を傷つけかつ牛乳を口に含んでぶっかけるというサイケデリックな映像がすごかった。
血の赤と牛乳の白が混じり合って流れるのに気持ち悪さを覚えつつ、よくこんな絵を思いつくなと感心したり。

内藤監督といえば、痛かったり怖かったり不穏だったりという映像表現の特異性を感じるのだが、初期作からその特異性が出ていたのだなと実感した。
ストーリーテリングとしては、今観ているシーンが現実なのか妄想なのかわからなかったり、いきなりのミュージカルシーンに浮いている印象を持ったり気になるところもあるのだが、この作品は下手に手堅くまとめてしまってはつまらなくなるだろう。
傑作とは言えないが、とにかく忘れられない作品。