Haruna

スタンド・バイ・ミーのHarunaのレビュー・感想・評価

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)
4.6
この映画を観ると男の子っていいなあって思います。
毎日顔を合わせて、しゃべったり、ちょっと悪ぶったり、ただそれだけなのに特別な空間になる。冒険とか秘密基地とかも。
そういう誰でも少しは体験したあの時が止まったような、でも色褪せない宝物みたいな時間をよく映像にできたなと思います。
12歳の友人以上のものはないみたいな台詞がありましたが確かにその頃の友達って一生特別ですし、それがよく伝わる映画です。
あとはクリスの言った俺がお前の親父なら〜っていう台詞が好きです。12歳の子供が言う台詞じゃないですよね(笑)