スタンド・バイ・ミーの作品情報・感想・評価

スタンド・バイ・ミー1986年製作の映画)

Stand by Me

上映日:1987年04月18日

製作国:

上映時間:89分

4.0

あらすじ

「スタンド・バイ・ミー」に投稿された感想・評価

はる

はるの感想・評価

4.5
ずっと見たかった
少年たちの勇気に元気づけられる
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.7
1959年オレゴンの小さな町。文学少年ゴーディ(ウィル・ウィートン)をはじめとするクリス(リバー・フェニックス)やテディ(コリー・フェルドマン)やバーン(ジェリー・オコンネル)12才の仲良し4人組は、行方不明になった少年が列車に轢かれて野ざらしになっているという情報を手にする。
死体を発見すれば一躍ヒーローになれる!
4人は不安と興奮を胸に未知への旅に出る。たった2日間のこの冒険が、少年たちの心に忘れえぬ思い出を残した・・・・・・。
スティーヴン・キングの青春小説を映画化。
いつも木の隠れ家で遊ぶ仲良し4人組が、行方不明の少年の死体を探すひと夏の冒険を、有名な鉄橋の上で汽車に追われたり、フットボール部で活躍した兄の葬式で父から「お前が死ねば良かったのに」と言われたことに悩んでることをゴーディがクリスに打ち明けクリスが慰めるシーンやろくでなしの父と兄のせいで給食費をくすねたと疑われていることをクリスがゴーディに打ち明けるシーンや入院した父を馬鹿にされたテディがスクラップ置き場のオヤジに食ってかかるのを仲間達が助太刀するシーンや夜の森で代わる代わる見張りに立ってコヨーテの吠える声に怯えたりするシーンなど喧嘩して仲直りして悩みを分かち合うかけがえのない冒険のエピソードの数々で描かれていて、少年期を懐かしさと切なさで追体験出来る青春アドベンチャー映画。
UUU

UUUの感想・評価

3.6
四人の少年たちの写真で惹かれてみた。

ゴードンとクリスの二人の友情が特に好きで、クリスは幼いながらに、たまに相手を包み込むようなかっこよさを見せる人だった。
男らしい。
だから、大人になって、レストランで喧嘩を止めたときに、ナイフが刺さってなくなってしまったという流れも府に落ちた。

少年四人の、わーっと喧嘩したり、いきなり団結したり、すぐ感情的になったり、ころっと爆笑してたり、そんな小学生のノリが可愛くって好き。
こーゆー映画好き。
shiho

shihoの感想・評価

4.7

定期的に観たくなる作品
名作中の名作。心に残るシーンばかり、、
shiho

shihoの感想・評価

3.7
この年齢の頃って誰かしら何か悩みを持っていて悩んでいたと思います。自分もそうでした。
そんな中で、悩みを打ち明けられ、一緒に良いことも悪いこともできる仲間がいることっていいことですよね。
自分にはこんな仲間はいなかったけど、昔の友達に会いたくなりました。
たまに昔にもどりたくなるよね。
zentouyou

zentouyouの感想・評価

3.0
後でもう1回見ようかな。
ハル

ハルの感想・評価

3.3
名前忘れたけど最後まで勇敢な少年、死に方まで真っ直ぐで潔かった
一生の友達って難しいと思いつつ、今の周りの友達に感謝した
志保

志保の感想・評価

4.5
エモエモのエモ
てん

てんの感想・評価

3.7
子供のときに
戻って冒険にでたくなった
>|