KJパスト代理人

カンパニー・メンのKJパスト代理人のレビュー・感想・評価

カンパニー・メン(2010年製作の映画)
3.3
豪華4大俳優を起用したにもかかわらず、もの凄い普通に、ハイハイ、いい話デスネで終わる作品。

ある日、会社からリストラされたスーパービジネスマン達の転落と再生を描いたヒューマンドラマ。

話題が身近過ぎず遠すぎない、リストラの話だけに中途半端に凹まされる。

家族の支えや本人の葛藤が余りにも劇的なものがなく、普通にほのぼのとしている。

映画としては盛り上がりにかける部分も。

兎にも角にもケビンコスナー、ネルシャツ似合い過ぎな件。