エレファント・マンに投稿された感想・評価 - 2ページ目

「エレファント・マン」に投稿された感想・評価

RnnnR

RnnnRの感想・評価

4.2
実話。これ以上に哀しい映画をまだ知らない。

生まれつきの奇形により、見世物小屋で〝エレファント・マン〟として立たされ酷い扱いを受けていた青年ジョンと、医師フレデリックの交流。

周囲の人々から「醜い」と蔑まれ怪物扱いされても、純粋で優しい心を持ち続けるジョンがなんとも美しい...。 
ジョンを通して人間の奥に潜むさまざまな本質が浮き彫りになり、自分自身の言動を改めて見つめ直すきっかけにも繋がる。

〝鬼才〟と呼ばれるデヴィッド・リンチ監督作品の中でも、ストレートに胸に訴えかけてくる傑作。
なぎ

なぎの感想・評価

4.0
人間の善い部分、醜悪な部分の両方が詰め込まれていた映画でした。
ラストシーンは憧れからなのか、この世への絶望感からなのか、後者であったら非常に悲しい。
涙腺壊れたかと思った。デヴィッド・リンチこんな作品撮れるんだ…………
実話ベースの映画で、かなり忠実に描かれてるとか。たしかにその後伝記読んだけど、ほぼ正確。
アンソニー・ホプキンス若すぎて言われなきゃ誰かわからん。でも、この頃から確かに名優です。賢くて穏やかなこの
トリーヴス医師が怒りに声を荒らげたところ、観てるこちらも思わず拳を握りました。作中、病を患っていない人間の方がよっぽど怪物だったな……
ジョン・ハート演じるジョン・メリックが本当に本当に心が綺麗でずっと涙……読書家なところも、美しいものが好きなところも、心優しくて他人に感謝が出来る所も、全てが優しくて……メリックの流す涙が美しすぎてずっと泣いてたな……
扱ってるものは難しいし当時の風刺的な要素も強い作品だけど、何故だかずっと暖かくて、そして美しい作品でした。
迷ったけど観てよかったな。
Jane

Janeの感想・評価

3.8
全編モノクロ。
昔見た記憶があったけど、ほぼ内容覚えてないから再度鑑賞。
実話を忠実に再現しているらしい作品。

豊かな感性、純粋な心。
困難な人生を生きる彼。

アンソニー・ホプキンス演じる先生に出会えてホント良かった。

世の中は悪意に満ちてる。
なんであんな酷い事が出来るのか?

ラストは哀しい。
考え中

考え中の感想・評価

3.4
昔 蕁麻疹で顔中が腫れあがった時
とても酷い見た目で視線が痛く
病院の待合席に座りながら紙袋を
被りたい気持ちになった
数奇な運命の残酷な人生の中に
尊い心を濾し取るような話で
初見時子供だった自分には 
とても辛かった
クラシック映画のスタイル、異形の悲哀、デヴィッドリンチワールドの美しさ、全てがマッチしている。
特に観劇のシーンからラストまでが美しくて悲しくて非常に印象的。天国のように美しい光景が彼の目に刻まれてのあのラスト。救いというか納得。
婦長のキャラが真っ当で好感。
solidな作品
数十年前の作品だからこそそうなのか
いや、きっと違う
人間のあらゆる本質の部分に焦点を当てていて
その当て方が素晴らしいからそうみえる
この監督の、この後の作品も全てはこの作品に繋がっている気がする
DamKeeper

DamKeeperの感想・評価

4.0
公開時、泣ける映画との宣伝文句に、高校の同級生がグループもしくはデートで大挙して映画館に行き、全員ゲンナリして帰ってきた。

このレビューはネタバレを含みます

トリーヴスが、自分自身もジョンを見せ物にしているのではないかと自責の念に駆られるところはすごく考えさせられたし、化粧道具を貰った後のジョンがあまりにも幸せそうで、幸せそうなのに、観ている私はすごく苦しかった。
たか

たかの感想・評価

4.2
結局最期まで見世物として扱われていて苦しかった。
胸糞映画かそれに近しいと思った。
自分は人間なんだと主張するシーンがたまらなくつらい。
個人的にはハッピーエンドでもバッドエンドでもないエンドだったと思う。
ただ実話ということなのでそれが正しいのかもしれない。

あなたにおすすめの記事