カッシー

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐のカッシーのレビュー・感想・評価

3.9
生まれて初めて劇場で観たスターウォーズ。小学生の自分にはスターウォーズの偉大さがまだわかってなかったのがもったいない!

オープニングのジェダイインターセプターをカメラで追いつつスターデストロイヤーの巨大感を観客に味わわせてからのドーンと空中戦に飛び込んでいく一連の流れは大好き!
大規模な戦闘シーンやライトセーバーバトルなどシリーズ屈指の見どころの多さだと思います。
各ジェダイやクローントルーパー、ドロイド、戦艦、戦闘機など細部にわたって細かい設定があるのもこのシリーズの魅力。

オリジナル3部作にあった実在感がプリクエルでは損なわれてしまっている気はするけど逆にエピソードⅣ〜Ⅵの時には表現できなかったルーカスのビジョンがCGによって新3部作では見ることができるのはとても大きいと思います。特にジェダイ全盛期だからこそ見ることのできるライトセーバーを用いた殺陣や各惑星の奥行き表現などビジュアルで驚ける部分が多かったと思います。

ただ色々後付けで説明して欲しくない、CGばかりで入り込めないとか旧3部作ファンの声も理解できるんです。壮大な世界観を表現するためにどうしても説明台詞が多くなるというのも退屈に感じる原因かも。
あとどうしてもヘイデン・クリステンセンの演技は好きになれない。

本作はスターウォーズにハマるきっかけになった特別な映画。
ローグワンに向けてそろそろスターウォーズモードに切り替えていこう!