deenity

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐のdeenityのレビュー・感想・評価

3.1
スターウォーズシリーズ三作目。ようやくSF映画に求めているクオリティとして満足いくレベルに達してきた。スターウォーズはその時代その時代の先駆け的存在だったのかもしれないがそれは時代の流れとして仕方ないとして、とりあえずこれだけ迫力が出れば誰もが楽しめるでしょう。

とうとうあのアナキンが変化してしまうわけですね。。二作目辺りから段々目つきが怪しくなってきたと思ったら、うーん。。そもそも演技や表情自体も、うーん。。ダースベイダーというやつの恐ろしさをまだ自分は把握してないので、相当厄介な敵になるんでしょうね。中身は意外と痛手を負っているとは知りませんでした。

とりあえず主人公だと思っていたアナキンの評価はガタ落ちです。さらにはジェダイ自体もです。不意をつかれたからといってあまりに弱すぎ。それにやり方がこすい。結局平和を守るためなのかもしれませんが裏側を見るとあまりいいとは思えませんね。その点シスの主張というか立場は一貫していて、敵ながらにして嫌いじゃない。まあアナキンを陥れるやり口はかっこ悪いけど。
そしてアナキンのガタ落ちに伴いオビ=ワンの評価は上昇しました。本作では本当に弟子のことを思っているということが伝わってきて、そこが好印象です。

この後の展開がいよいよ本番ですかね。楽しみです。

一番印象に残ったもの「オビ=ワンが乗っていた謎の生き物の鳴き声」