米倉ケイ

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐の米倉ケイのレビュー・感想・評価

4.5
わああぁぁぁぁぁあアナキンんんんんんんんん
スカイウォーカあぁあああああぁぁぁ

あぁぁぁぁぁ


(/ _ ; )


↓12/12追記(すこし内容のこと書いてます)
エピソードⅣ以来、全く隙の無い映画とは言い難かったです。設定細かいくせにキャラクターの不可解な挙動も結構ありました。
Ⅲではジャー・ジャーが不自然なまでに喋らなかったり、パドメの立ち振舞にしても疑問が残り、製作の過程で貫き通せなかったものがあったのかもしれません。
それでもやはり!堕ちていく主人公の重苦しさ!悲痛な気持ちで最後まで見守らなければならないのですが、各所戦闘シーンもまたすごい。
シリーズ史上最も見応えのあるライトセイバーによる命の奪い合い。それが冒頭の宇宙戦で良い関係を育んでいたように見えたアナキン&オビ=ワン師弟の死闘であるという悲劇もまた盛り上げる要因だったでしょう。

創作は完結させて初めてきちんとした評価ができるものですが、ただならぬ労力だったであろう6部作、全て観ることができたことがただ嬉しい。
個人的にはダークサイドのこともっと描いてくれても良いですけどね!