Rikuto

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐のRikutoのレビュー・感想・評価

5.0
再レビュー

明後日にエピソード7鑑賞を控えた今日ようやく復習を終えた。やはりエピソード3を見なければスターウォーズは語れないと思う。旧三部作は新三部作があるからこそ輝く要素で溢れている。その逆も然り。
エピソード3は唯一のバッドエンドであるが、新たなる希望の登場を予感させるエンディングを迎える。スターウォーズシリーズで最高のエンディングだろう。
ダースベイダー誕生の秘密が明かされる今作はとにかく暗い。アクションこそすごいが暗黒面に堕ちていくアナキンを見るのは胸が痛い。ウインドゥも厳しく当たっていたがちゃんとアナキンを理解していた。なのにあの有り様。報われないジェダイだ。オビ=ワンの悲痛の叫びはいつ思い出しても苦しい。
シリーズものの映画でこれほど完璧にオリジナルにつながり前日譚を自分は見たことがない。
新三部作はアナキンの堕落、旧三部作はアナキンの改心をそれぞれ3作かけて描いてると考えれば本当にスターウォーズはすごいなと思う。そうなると、新たな三部作はアナキンの何と考えればよいのか。それを考えるのは2019年になるでしょう。
さあようやく明後日に覚醒を目撃できる。あと2日、頑張ろう。