ねぎれんほーる

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐のねぎれんほーるのレビュー・感想・評価

4.1
スターウォーズ新三部作第三弾!!!


【感想】
個人的にはstar wars全シリーズの中で一番面白かった。

〝ダースベイダー誕生〟というテーマがまずそそられる。

旧三部作であれだけ猛威振るっていたダースベイダーってこうやって誕生したのかーとか思いつつ、アナキンのダークサイドに墜ちていく姿にあっけにとられた。

アナキン演じるヘイデンクリステンセンの目つきや表情などの迫真の演技には圧巻された。

倫理的に崩壊しているシーンがあるがなぜか引き込まれるものがあった。

自分が大好きな『ナイトクローラー』や『ゴーンガール』も倫理崩壊系だが異様に引き込まれ、観終わったときにはすげえと感動している自分がいる。

そういうものを求めている自分が少し怖いが笑



ヒロインとしてはやはりパドメ演じるナタリーポートマンいいなあ。

レイア姫は論外だがエピソード7のヒロインもあんまり好みじゃなかったから、どうせなら新作もナタリーポートマンでいってくれよ。


からのR2-D2つええw

活躍しすぎだろ。

しゃべらないくせにかわいいし、多機能過ぎて有能だしなんなんだ。



新三部作は自分が思ったのとは逆にネットや自分の周りでも批判する人が多く、まあ確かに補完的な感じはするなあとは思ったが、新三部作があるからこそ旧三部作がより映えるんじゃないのかなあと思った。


そしてstar warsにこのタイミングで出会えてよかったと強く実感した。

もし公開年度に映画館なんかで今作を見ていたら先が気になって仕方なくて10年待つとかなかなかの拷問だったと思う。

ましてはエピソード4を映画館で観ている人たちはどんだけ待ち遠しいのだろうか笑


全作観終わって思ったのは、最初はあまりはまらなかった旧三部作だが、今からみたら絶対おもしろいだろうなあ

ってことで23日にフォースの覚醒を観に行くので間に合う限りみたいと思います。