バートロー

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐のバートローのレビュー・感想・評価

4.0
新三部作の最後は本当にこれが完全無血の最強娯楽映画「スターウォーズ」なのか信じられないほど重く鬱々とした苦しい内容になっていますが、ようやく、ようやく、ようやく、旧三部作のキレとテンポの良さが戻ってきた兆しが見える作品です。

序盤から後半まで大混戦の様相を呈した、まさに宇宙戦争映画となっている。
戦いの描写とか迫力だけならシリーズで一番良いと思うのですが、いかんせん4、5、6とは真逆のシリアスな戦闘が続きます。(もちろんそれはそれで良い)

そして4、5、6、1、2と待たされ続けた、待望のライトセイバーチャンバラ主体のアクションも展開されます。念力バトルがやや多めに入っていたり、ときおりドン引きするようなダサいシーンがあるのも「ご愛嬌」で許せる範囲。本格的な殺陣に比べるとやっぱりもっさりはしているものの、かなりボリュームはあるし、今までのに比べれば「これ」だよ「これ」をブラッシュアップして、これからもやってくれよという気持ちで一杯になりました。

(「スターウォーズ」はアクションじゃなくてスペースオペラなんだからという意見もあるけどもアクション要素があるのなら中途半端に濁さずキチッとやるべきですよ。殺陣がダサいのはダメでしょ)

前作に引き続き平和な共和国の瓦解と素直過ぎる若きスカイウォーカーの闇堕ちが「1人」の陰謀によって進められて行くので、結果は分かっているのに「もうやめて」とか「これ以上いけない」という系統の一人言が鑑賞中に思わず出てしまう。
観ていると心の底からダークサイドに染まっていきますが、4、5、6では語られないダークサイドの恐ろしさが描かれているのがとても印象的です。ちなみに3を鑑賞したすぐ後に4をちらっとでも観てしまうと作品から溢れる優しさに包まれて霧が晴れたような気持になりますのでとてもオススメです(無限ループ)