Kotaro

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐のKotaroのレビュー・感想・評価

4.9
子供の頃に何十回と観ましたが、エピソード7に向けて観直し第六弾ということで観ました!
Ep3は何回も観すぎて、最初は劇場で観たのかどうかも覚えてません。Ep4〜6を観て、結末を知っているのに、何回観ても飽きないところがすごいと思います。
ユニークな敵や戦闘法も魅力ですが、Ep3で一番の見どころは、ラストシーンだと思ってます。あのラストシーンを見るためだけにEp3があると言ってもいいぐらいではないでしょうか? パドメが文字通り命を懸けて双子の<新たなる希望>を産んだことを思うと、ラストシーンで泣かずにはいられません。パドメが葬式で持ってるお守りを見て既に泣いてても、ラストシーンでまた泣きます。笑
冒頭からラストまで、無駄なシーンが一つもなく、映画としてはわかりませんが、スターウォーズとして、最高の作品だと信じています。
アナキンの葛藤とヴェイダー卿へとなっていく過程は見ていて苦しいですが、一番可哀想なのはオビワンでしょう。髪型も同じだったし(Ep2)、ライトセーバーの色も同じだったフォースにバランスを齎すというキーパーソンである自分のパダワンを、教育し損ねてダークサイドに持って行かれてしまうんですから。彼の「選ばれし者だったのに」「弟だと思っていた」「愛していた」という叫びにも泣かずにはいられません。
どんだけ泣いてんだって感じのEp3ですが、僕の中では、永遠に不動の一位です。
”彼にはまだ善の心が…”