Yoshmon

パンズ・ラビリンスのYoshmonのレビュー・感想・評価

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)
4.0
現実と非現実(幻想)がバランス良く絶妙に織りなしていて、とても好きな作品の一つ。

独裁主義政権とそれに対抗するゲリラによる内戦が続くスペインが舞台のお話。
戦争で父親を亡くし、母親は独裁主義政権に仕える大尉と再婚することになる。新たな生活で受ける厳しさの中、少女は現実に目を背け本に書かれた物語の世界へと足を踏み入れる。

パン(迷宮の守護神)の導きに従い、地下王国の王女へ戻るべく3つの試練に立ち向かう。内戦が激化する中、父親違いの弟が生まれる。その無垢な弟の血を数滴捧げることが最後の試練。それに対する少女の決断と最後の結末は何とも言えないところ。

これはハッピーエンドか、バッドエンドか。ゆっくり考えたい。
大人向けファンタジー。