たつなみ

パンズ・ラビリンスのたつなみのレビュー・感想・評価

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)
4.5
大人になって現実世界の厳しさを知ってしまうと、ラストが幸福なのか悲劇なのか全く分からなくなる。
『こういう終わり方もあるのか!』という衝撃を受けた。

人物の描写やファンタジー表現がとても丁寧で、作品世界にどんどんと引き込まれていく。
『映画を観た』という満足感に浸れる、傑作と言ってもいい作品だと思う。

デル・トロ監督は宮崎駿の影響を受けたそうだが、確かに細かい所に宮崎アニメっぽい表現が見られた。
(『となりのトトロ』とか…)

もう少し、この監督の作品を観てみたくなった。