パンズ・ラビリンスの作品情報・感想・評価

パンズ・ラビリンス2006年製作の映画)

EL LABERINTO DEL FAUNO

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.6

「パンズ・ラビリンス」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

3.0
ペイルマンのデザインがめちゃめちゃ怖い
あき

あきの感想・評価

3.3
グロいし残酷なところ結構あった
うわー!!ってシーン目を覆いたくなった

あと最高のハッピーエンドではないからうーーーーんってなるけど、嫌いじゃない

導いてくれる奴が怪しすぎる
Shizka

Shizkaの感想・評価

2.7
グロ注意、パッケージ詐欺かな?
ラストはまずまず
のの

ののの感想・評価

4.1
ダークすぎる……ファンタジーなのに妖精とかがいちいち不気味で怖かった。
主人公が小さい女の子っていうのを差し引いてもちょっと馬鹿すぎてハラハラしながら観た。
ハッピーエンドかバッドエンドか曖昧に終わらせるのが基本的に嫌いなんだけど、このラストはよかった。
lisa

lisaの感想・評価

3.7
ファンタジーだと思って観たら、現実の描写がものすごくえぐくてショッキン…

パンや妖精もそうだけど、何よりペイルマンのビジュアルが衝撃的

現実と幻想の世界の両方に生きることはできない、望む場所へ試練なくして行けないということなのかな

悲しいけれど結末はすごくよかった
ファンタジー映画だと思って油断してたら…
Icchi

Icchiの感想・評価

3.5
スペイン映画。マーシュランドに続いて二作目だけど、大体後味がおんなじ感じになるようなならないような…

いや、内容は全然違うけど。何とも言えない感じの終わり方ですね。

この映画は最後がハッピーエンドかどうかで議論になるみたいですね。
たいていの人はハッピーエンドととらえるだろうと思うけど。かくいう私もハッピーエンドのテンションでこのレビューを書いているわけです。

とはいえ、バッドエンドととらえる見方もあるのはなんとなく納得。

この映画は二つの兄妹が出てきます。かたや当時のスペインの内戦状態を決死の覚悟で生き抜こうとする年齢を重ねた兄妹。かたやおとぎ話の世界に魅せられ、現実から逃げ出そうとした幼い兄妹。
対比表現といってもいいでしょうか。

そして、大人と子供の対比。よく考えてみると、大尉もお母さんもメルセデス兄妹も医師も全員が厳しい現実を生きようともがいているわけです。そんな中で、幼い主人公だけがおとぎ話の世界に戻ろうとしている。いわば、"現実逃避"といえるかもしれない。

最後の場面でも、結局現実での救いは…。一度おとぎ話を捨てて現実を選んだにもかかわらず、その結果は結末としてはお世辞にもいいとはいえない。その後、おとぎ話としての救いが来るわけですが。

これらから考えると、この映画は二面性の映画に感じます。全体を通して考えてみても、戦争パート→おとぎ話パート→戦争パート、みたいな繰り返しになっている。

だから、エンディングも二面性をもってしかるべきなのではないでしょうか?
そう考えてみると、二種類のとらえ方があるのは自然だなと思いますね。

余談ですが、この映画のおとぎ話の世界、ファンタジーにしては怖すぎないですかね?
普通に子供が見たら泣くと思う。
ピナコ

ピナコの感想・評価

4.0
ダークファンタジーと
言われているこの映画

紹介の絵は綺麗でとても
幸せそうな女の子
おとぎ話のような楽しい物語を
想像してました。
勘違いしてました。
ファンタジーとは善と悪の
戦いの物語のこと

正しいことをしなければ
いけないとの教えを映画に
しものだったんですね。

正しい選択をした彼女は
幸せになったと思う。
なかなかなかなかなかなかなか…
うん…
いや…素晴らしかった。
こんな映画見たことない。

スペイン内戦後のリアリティある描写と少女オフェリアの踏み込むファンタジーの世界がこの映画のおどろおどろしさを更に深めて見た後の気分がとても複雑に。
ダークファンタジーなので、最近みた怪物はささやくとか連想するのですが、が、それ以上にダークです。もうダークファンタジーとかの定義を超えた(それは一体なんだ!)ような作品です。
後味悪いとかもあります、たしかにそんな意見もわかるのですが、私はオフェリアにとってはハッピーエンドだったのだと信じています。

目を背けたくなる描写が多々あり実際目を背けたのですが、正直そんなの関係ないこの映画素晴らしかったんだよぉぉ!!!
ゆき

ゆきの感想・評価

3.5
グロテスクさに挫けそうになりながら鑑賞(^_^;
バッドエンドが待っているのかと不安になりましたが、最後は私的には好きな終わり方でした♫
>|